メインメニューを開く

Uncyclopedia β

つくね

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「つくね」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「つくね」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「つくね」の記事を執筆しています。

つくねとは、ハンバーグに代表される練肉食品の総称である。

目次

概要編集

つくねの語源は「突き捏ねる」であり、肉類を細かく潰したものに結着作用のあるなどを加え捏ねた後成形したものを指す。を使う場合は「つみれ」と呼ぶこともある。つみれの場合は成形せず、スプーンで取ったものをそのままやお湯に放り込んで茹でる形式が多い[要出典]

その歴史は古代モンゴルに遡り、遊牧民がクズ肉の活用法として編み出したとされている[1]。馬の鞍の下に肉と塩を入れた袋を敷き、そのまま馬で移動することにより振動と馬の体温で肉が結着し固まったものが原型である。当初はそのまま切り分けて食べていたが、衛生的な観点から火を通して食べるようになった。火で炙る「焼きつくね」やスープの具とする「茹でつくね」はこの時点で生まれたのである。それがシルクロードを通じドイツに渡りハンブルグ地方の名物料理となったことで「ハンバーグ」となり、つくねはアジアの料理から世界の料理となっていった。

様々なつくね編集

 
鍋料理に使われるつくね。

つくねは肉類と塩さえあれば作れるので、非常食としての面もある。戦場で動けなくなった軍馬等を潰し、つくねにして食べるのは洋の東西を問わず行われていたと言われている。また人間を使ったものもあり、日本の記録映画「ゆきゆきて、神軍」では戦地に於いて白人の場合は白ブタ、黒人の場合は黒ブタと呼んでつくねにしたと解説されている[2]

つくね本体を味わうだけでなく、料理のダシとしてもつくねは重宝される。特に鍋料理との相性が良く、煮込むことで強く味を出すので定番の具材となっている。ただしダシが濁りやすいので、事前にサッと火を通す場合もある。

食料事情が改善された現在では、つくねに軟骨や香味野菜などを混ぜるスタイルが流行している。その為つくねの種類は多岐に渡っているが、食通の間では「混ぜものが少ない方が上等」とされやすい傾向がある。しかしつくねは庶民の料理でもあり、混ぜ物も受け入れる柔軟な姿勢が必要であろう。

脚注編集

  1. ^ SF作品「カンビュセスの籤」では古代ローマ時代の兵士がつくねにされそうになるシーンがあり、その為モンゴルではなくローマ起源とする説もある。
  2. ^ ただし、映画の中でそれを否定するシーンも存在するため実際に賞味されていたかは不明。

関連項目編集

この項目「つくね」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。