メインメニューを開く

Uncyclopedia β

はやて (列車)

はやてとはかつて一番速かった東北新幹線の列車のことである。時代の流れにより速い列車が出てきて、現在では永遠の二番手として走る列車である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「はやて (列車)」の項目を執筆しています。

目次

概要編集

東北新幹線の駅を結構限定して停車する特急列車として運行している。青森県永遠の二番手都市・八戸まで開通した時誕生した。この時は東北新幹線最速の列車と設定されたが、青森まで開通した時「はやぶさ」にその座を開け渡すことになる。風よりも鳥の方が早いという不当な言いがかりだった。位置づけとしては「準速達」であり、なんとも中途半端な称号を得ている。

名前の由来編集

この名前を付ける際「やまびこ」より速いものは何かないかとJR東日本は考えた。しかし、社員に意見を聞いてもバラバラで決まらなかった。そこで「やまびこよりも速いものは何か」というアンケートを全国で実施。一番多かったものを採用しようと考えた。しかし、アンケートを無視して好きなアニメキャラクターの名前を書く者が続出。その中でも「はやて」「ハヤテ」が最多票を獲得し、この愛称になった。なお、この基になったマンガは決して子どもたちにとっても大きな人たちにとっても一番人気だった訳ではないため、投票上の不正操作があったとみられている。

運用編集

バリエーションが多い。その他変なルールもあるため、一本一本時刻表で確認する必要がある。教徒の一部ですら分からない。主にE2系E5系の姿が見られる。

はやてブラザーズ編集

青森はやて
最もポピュラーな奴で東京駅新青森駅間を運行。盛岡まではやまびこ以上に飛ばし、盛岡からは列車ごとの気分で止まる。はっきり言って普通。東京駅~盛岡駅までこまちとガッチャンコして「はやこま」になるのが多い。これは、「ハヤテのごとく」の執事がコマチという名の非実在ヒロインを抱きしめて走っているシーンをイメージしたためといわれている。これは、はやぶさに標準装備されているグランクラスという名のメイド車両が、このハヤテにはまず装備されていないことをみれば、ハヤテの執事属性がよく分かることだろう。
盛岡はやて
文字通り盛岡止まりのはやて。やまびこよりも速い。それだけ。
TOHOKUはやて
東北人の輸送の為だけに作られたはやて。仙台からは南に行かない。というか行く気すらない。
青函はやて
なんと青函トンネルを超えて北海道まで行ってしまうはやて。早朝と深夜に出てくる。レールガンを打つ事もあると噂がある。
八戸はやて
かつて存在した元祖はやて。E2系でしか存在しなかった。執事?そんなもの知らないなの時代も産物だから。

関連項目編集


  この「はやて (列車)」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)