メインメニューを開く

Uncyclopedia β

ぷに

ぷに」とは、萌え属性のひとつ。「触ったときにプニプニとした感触がありそうな外見」の略。

概要編集

 
人気に比例してこのような食品擬装も絶えない。

サブカルチャーのメディアへの露出がゆるやかに解禁され、実に多くの人がハイカルチャーより下ってきている。「萌え属性」という言葉は、こうした初心者に向け「何が『萌え』であるか」を分かりやすく教えるために考案された、萌える条件の分類法である。「ぷに」もその一つであり、主に幼児キャラクターを細かく分析した際に抽出された概念である。

サブカルチャーにおける一般的な幼児キャラクターが作成される際、全体的にふくよかに、殊にほっぺたは女性の胸と同じく豊かに描写される。このことから幼児キャラクターのほっぺたは、成熟した女性のおっぱいの代替として男性のタッチをそそのかす、性的魅力として表現された、とも言われている。こうしたほっぺたの感触を、サブカルチャー的な世界観では「ぷに」と表現している。なお、多彩な恋愛の形を包容するサブカルチャーの世界においては、男児キャラクターの「ぷに」も多数散見される。

どのような感触か編集

 
健康の為、ぷにの過剰プッシュに注意しましょう。

幼児キャラクターの感触を知るためには実際の幼児の頬に接触するのが合理的であると推測されるが、この行為は一般的に条例をもって処罰の対象となるため見送らざるを得ない。そのため、自分の頬を少し膨らませて押してみるという方法がある。しかし実行すれば分かるとおり、多くの人が「ふよである」と感じるだろう。また化粧品のCMに携わっている女性ならば「もち」という感覚が得られるはずである。では、比較的多くの贅肉を携えた人の頬を触らせてもらうとどうか……「ぶよ」という擬音が適切であろう。また、頬は内側から触ってみると「とぅる」という感触とともに細胞が採取できる。

実は、古来より「プニプニ」という擬音語が当てはめられてきたものがあり、主にネコ目がもつ肉球はその一つである。そこで、温厚なイヌの肉球を触らせてもらうと分かるとおり、角質が厚く、ザラザラしており、非常に強い弾力性を感じるはずである。

つまり「ぷに」、すなわち幼児キャラクターのほっぺたは角質が厚く、ザラザラしており、非常に強い弾力性をもっていると言えよう。

関連項目編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ぷに」の項目を執筆しています。