メインメニューを開く

Uncyclopedia β

真剣で私に恋しなさい!!

まじこいから転送)

この記事は木葉楓ボイスで脳内再生してお楽しみください。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「真剣で私に恋しなさい!!」の項目を執筆しています。

真剣で私に恋しなさい!!』(マジでわたしにこいしなさい!!)とは、みなとそふとより発売されたプレミアムなエロゲーである。

目次

概要編集

みなとそふとの第2作目となる作品である。手探りで出したような危うさがあった前作とは違い、さすがに会社を立ち上げてから2作目となると勝手もわかってきたようで、他所ゲームからシステム周りを丸ごとパクってきて操作性の向上を図るといった潔さも垣間見られるようになっている。

シナリオおよび企画を担当するタカヒロおなじみの○○萌えオンリーADVという方向性はなおも健在であり、この作品は日ごろから直江兼続や十面埋伏の計などにハァハァしている武士萌え層をターゲットにした「武士娘恋愛ADV」というジャンルになっている。どのようなマーケティング調査を経て武士娘萌えに行き着いたのかは定かではない。

特徴編集

まず、プレイしていて制作費が心配になるほど声優陣が豪華なのが特徴である。男性女性も、表裏問わず数多くのアニメゲーム作品に登場している実力派声優ばかりであり、表で十分仕事のある人々が何故エロゲーという裏の仕事に大挙して押し寄せてきたのか甚だ疑問である。特に山口勝平は表ではおかあさんといっしょのマスコットキャラに声をあてていながら、表の名前のままで「俺は24時間セックスのことしか考えてないぜ!」などと叫ぶようなキャラに声をあてて問題はなかったのだろうか。[1]牛久京也はどこに行ってしまったのか。海原エレナなんて、ご丁寧にキャラに声をあてている方とエンディングテーマを歌っている方で名前を変えているというのに。

また、シナリオに「中の人ネタ」が多いのも特徴である。[2]ジャッキー・チェンの吹き替えをやっている人に酔拳ネタをやらせたり、意味も無くSOS団の三人を集めたり、スラムダンクに出演していた人にバスケットボールネタをやらせるようなシーンが散見されるが、よく中の人怒らなかったなと言いたい。

他には、時事ネタが多く含まれているのもタカヒロ作品の特徴であるが、今作に出てくる総理というクレー射撃が得意なキャラクターの顔グラフィックはどう見ても麻生太郎である。タカヒロもまさか開発から発売までの間に政権交代が行われるとは思っていなかったのであろう。しかもその総理、ルートによっては主人公とパーティを組み、力を合わせて野党政治家を(戦闘的な意味で)倒すことになる。このゲームが友愛の力によって検閲対象となるのも時間の問題かも知れない。

システム編集

例の如く超絶に長いオープニング(共通ルート)が終わった後、攻略したいキャラクターをクリックで選択していくことで好感度を上げ、選んだキャラクターのルートに突入するという面白みのない王道のシステムである。一応、各キャラクターの個性に合わせた「パーソナルアクション」というシステムが導入されているが、ゲームを進める上ではほとんど関係ない上に目にすることも少ない。

選択できるキャラクターはメインヒロインである川神百代、川神一子、椎名京、黛由紀江、クリスティアーネ・フリードリヒの他、サブヒロインである小笠原千花、甘粕真与、小島梅子、友人である風間翔一(男)、島津岳人(男)、師岡卓也(男)、それとリュウゼツラン(植物)の計11人+1本である。ヒロインたち(1名を除く)に比べて男性陣の方が圧倒的に好感度が上がりやすくなっているのは仕様である。勿論、男性陣含めそれぞれに個別のエンディングが用意されている。その内容はお察しください

登場人物編集

  この節を作成した奴は中身を書く気が無いなんてことだ!
どなたかユーモアとお時間のある方精一杯頑張ってください。
m(_ _)m ごめんなさい(Portal:スタブ)

注釈編集

  1. ^ しかしよく考えると名前を変えないまま表ではおじゃる丸の子鬼に声をあてながら、裏では痴漢者トーマスなんかに声をあてていた男の前例があるので、意外とNHKはそういうところには寛大なのかもしれない。
  2. ^ http://www.youtube.com/watch?v=_n8n3gQJPuU

関連項目編集