メインメニューを開く

Uncyclopedia β

アカシックレコード

アカシックレコード(Akashic Records)とは、アクセスできたと宣言する者が宇宙の果てに存在する真実と証する概念であり、全宇宙の全て情報データバンクである。アカシャの記録とも。兵庫県明石市がそれに当たると一部の明石市民に言われており、オヤジが玲子(麗子も可)と明石に行くとアカシックレコードになる。また明石市天文町に実在する明石区検察庁のことをアカシックレコードと間違えられているのではないか、という説もある。

三倍偉大な錬金術師「トト・トリスメギストス」がアクセスできたとされ、始祖錬金術師「プラトン」が「イデア」という概念の原型に触れ、鋼の錬金術師の父「ホーエンハイム」の作り出したホムンクルス「お父様」に一度だけ、それっぽいものが取り込まれたことがある。最後の錬金術師「ニュートン」はこっそりアカシックレコードにアクセスしようとしたが、こっそりなのでわからない。

最近では、大川隆法、ゲリーボーネルをはじめとする多数の人間がアクセスできたと報告しているが、真実かどうかは誰も気にしない


目次

概要編集

アカーシャはインド5元素の一つ「」を意味し、以外のゼロの概念そのものである。宮本武蔵の五輪書の空の巻が、確認できる世界最古のアカシックレコードの記録であり、後にブラヴァツキー夫人二刀流エクスタシー状態で『脱衣イシス』を著し人気を得る。その後ルドルフ・シュタイナーがセブンセンシズに目覚めてゴールドクロス着衣状態で参照できるようになる。

最近の例ではエドガー・ケイシーのリーディング速記が残っているが、一部のファンは百発百中のように言っているものの、本当は8割程度とか、前世なんてわかんな~いと言われており、確実に、普通は完璧にというところ、確実にです、正しいものは千に三つ程度とされる。エドガー・ケイシーによると又吉イヱスの出現もアカシックレコードに記されているという。

我々の宇宙の過去現在未来は、無限の可能性のうちの一つがアカシックレコードを通り抜けて投影されたため、非実在青少年が渾然一体としており、、腐女子矢追が寄ってたかってアクセスを試みている。エロマンガ島上空6kmのところにもあるという。

明石市民の証言編集

そんなモノは無い! よく調べろ!!(S.Iさん 明石市在住)

は聞きますがあくまで噂のレベルじゃないんですか?(A.Iさん 明石市在住)

田中の家にあったって、前学校で聞いたよ(K.Nさん 明石市在住)

アカシックレコードと宇宙因果律演算装置編集

アカシックレコードと宇宙因果律演算装置は同一ネットワーク上に存在し、相互の接続により宇宙を形成する唯一のシステムとして完結する。アカシックレコードにより生成された情報は、宇宙因果律演算装置の中の3つのサイコロにより演算され、物理現象として出力される。

到達方法編集

アンサイクロペディア真実を辿ることが、アカシックレコードに至る唯一の道である。

あれっ・・・? アンサイクロペディアに 真実って・・・?

関連項目編集