メインメニューを開く

Uncyclopedia β

アメリカ合衆国大統領のペット

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アメリカ合衆国大統領のペット」の項目を執筆しています。

この項目は、任期中に飼っていたアメリカ合衆国大統領及びその家族のペットの一覧である。なお、ペットのほとんどは犬である。

大統領 ペット
ハリー・S・トルーマン
  • 吉田茂 - アメリカに忠誠を誓った、躾の良い犬であった。なおトルーマンは吉田茂を躾けるために、原爆を使用している。
ドワイト・D・アイゼンハワー
  • 鳩山一郎 - ソ連に対して懐いてしまい、吉田茂と違ってかなり躾が悪く、一時期、家を追い出された事もある。孫が宇宙人および死神という、正体不明の地球外生命体。
  • 石橋湛山 - 病弱のため影が薄い犬。
  • 岸信介 - 飼い主に対して忠誠心が篤く、逆らう者に吠えつき、噛み付いた事で知られる。実は犬ではなく妖怪。
ジョン・F・ケネディ
  • 池田勇人 - 金持ちであった飼い主を妬む貧民どもに対して「貧乏人は麦を食え」と言い放った。
リンドン・B・ジョンソン
  • 佐藤栄作 - アメリカの犬の多くは短命であったが、例外的にかなり長寿であった事で知られる。
リチャード・ニクソン
  • 佐藤栄作
  • 田中角栄 - 中国に対して尻尾を振ったため、飼い主を激怒させた。
ジェラルド・フォード
  • 三木武夫 - 中国に対して尻尾を振った先代の飼犬に噛み付いて、飼い主に忠誠を誓った。
ジミー・カーター
  • 福田赳夫 - 田中同様に、中国に尻尾を振った犬。
  • 大平正芳 -「アーウー」などと吠える生き物。
ロナルド・レーガン
  • 鈴木善幸 - 飼い主から存在を忘れられるなど、かなり影が薄かった。
  • 中曽根康弘 - 飼い主と「ロン」「ヤス」と呼び合うなど、かなり仲が良かった。
  • 竹下登 - 犬の世話役が自殺するなどの問題を起こし、アメリカの飼い犬の座を失った。
  • 宇野宗佑 - たちの悪い雌犬と交尾したため、アメリカの飼い犬の座を失った。
ジョージ・H・W・ブッシュ
  • 海部俊樹 - 人気の高い犬だったが、他の犬どもから妬まれて飼い犬の座を追われた。
  • 宮澤喜一 - 英語が堪能で飼い主の評判も悪くは無かったが、他の犬たちとの折り合いが悪かった。
ビル・クリントン
  • 細川護煕- 犬のくせに殿様を気取る、偉そうな奴。現在は小泉純一郎と共に小沢一郎の飼い犬である。
  • 羽田孜 – 実は小沢一郎の飼い犬
  • 村山富市 - アカの手先のおフェラ豚ではないかという噂が、飼い主をやきもきさせた。
  • 橋本龍太郎 - 犬のくせに体毛にポマードを塗りたくるなど、趣味が非常に悪い。
  • 小渕恵三 - 病弱ですぐ死んだ。
  • 森喜朗 - ゴルフが好きなゴリラ。飼い主が大失態をやっている最中にもゴルフ場で遊んでいたため、ペットの座を追われた。
ジョージ・W・ブッシュ
アメリカに飼われる小泉
  • 小泉純一郎 - 飼い主への忠誠心が高い事で知られた。
  • 安倍晋三 - 腹痛で飼い犬の座を追われた。
  • 福田康夫 - 中国に尻尾を振った犬の子犬。
  • 麻生太郎 - 実はペットですらなく人形。人形のくせに射撃と漫画が大好き。
バラク・オバマ
  • 鳩山由紀夫 - 中国に尻尾を振った犬…ではなく鳩。実は小沢一郎に飼われた宇宙人。
  • 菅直人 - 犬のくせにカイワレダイコンが大好き。
  • 野田佳彦 - 実はどじょう。
  • 安倍晋三 - ブッシュに飽きられて捨てられていたのを、どじょうに飽きたオバマが拾った。
ドナルド・トランプ
  • 安倍晋三 - オバマが退任した後、飼い犬をそのままトランプに渡した。

関連項目編集

  アメリカ合衆国大統領のペットは腹を切って死ぬべきである。またアメリカ合衆国大統領のペットはただ死んで終わるものではない。
唯一ネ申又吉イヱスが地獄の火の中で加筆・編集させる者である。
アメリカ合衆国大統領のペットを笑って見ているだけの者も同様である。理由は未完成であるなら自ら完成させるべきだからである。
詳しい理由は選挙公報等で熟知すべし。 (Portal:スタブ)