エスタロンモカ

「もしエスタロンモカが毒だとしても、効き目の遅い毒だ」
エスタロンモカ について、ヴォルテール

エスタロンモカとは、大人向けのプチプチチョコである。ただし将来を占ってはくれない。

概要編集

通称エスモカ。エスエス製薬より発売されている、無水カフェインと少々のビタミンB配合の錠剤である。エスタロンモカ12や内服液といった亜種も存在するが、基本的な役割は同じである。いわゆるエナドリとの違いはアルギニンやタウリン、糖分が含まれているかいないかである。砂糖はこの世で最も広く用いられている麻薬であるためエナドリよりもおそらく安全であると言えるだろう。純粋なカフェインジャンキー諸君はもしかしたら翼を授けらりたりカラダも気分も野性にならなくてもいいのかもしれない。

駄菓子みたいな見た目編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「プチプチ占い」の項目を執筆しています。

このエスタロンモカは、裏面から見ると駄菓子屋でよくみた押すと出るタイプのカラフルなチョコの駄菓子に似ている。もし子供が間違って食べようものなら強烈な苦味ともにすぐペッと吐き出してしまうだろう。ちなみに駄菓子の正式名称はプチプチ占いといい、押し出す側にみらい,なやみごと,テストといった占える事柄がひらがな・カタカナで書かれているが、エスタロンモカはねむけ・だるさの2種類しか押し出せないので何も書く必要がないのである。

また押し出される側には「◎,○,△,×」と占いたいことの結果が書かれているが、エスタロンモカの場合ねむけ・だるさに対して「◎」でしかないためこれまた書く必要性が全くないのである。しかしその代わりに「成人1回1錠1日3回まで」ということが書かれている。これはある意味ではプチプチ占いよりも将来をきちんと示してくれていて、ありがたい。ただ、本当にそれはあなた次第で変わってしまう未来である。

※ちなみにウィキペディアのプチプチ占いの記事はウィキペディア内のリンクで孤立しているそうですが、優しいことで有名なアンサイクロ村民がちゃんと孤立しないように直リンを飛ばしてあげました。これもひとえにエスタロンモカのおかげである!

名前編集

いったいなぜエスタロンエスエス製薬はこのようなかわいげのある商品名にしたのだろうか?どう考えても一瞬ゆる〜いイメージのカフェモカのことが頭によぎってしまう。しかし、それは「モカ色」という茶色系の色から来ているのである。これで名前に関する疑問は消えたかと思いきや今度は「タロン」の部分が謎である。英語でタロン(Talon)は猛禽類の鉤爪を表しているらしい、つまりエスタロンモカという名前はエスエス製薬のを鉤爪で削り取るモカ色のという意味であり、まさに効き目の遅い毒ということを示している。

関連項目編集

ウィキペディア専門家気取りたちも「エスタロンモカ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

この赤リンク群を埋める必要性は全くない。