メインメニューを開く

Uncyclopedia β

カリフラワー

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カリフラワー」の項目を執筆しています。

カリフラワーとは、ブロッコリーのアルビノを品種改良し繁殖させたものである。

概要編集

カリフラワーはアルビノのブロッコリーをもとに品種改良を行い、新たな品種として確立した植物である。可食部が白いことが特徴で茹でて食べられる。味はあるにはあるが基本的にはピクルスに加工されたりドレッシングをかけたりされる。外見は粒々の生えた白い塊であり、トライフォビアの人を日々恐怖させる。断面はに似る。

改良元となったブロッコリーは高い栄養素を持つ緑黄色野菜であり様々な料理に使えることから広く栽培されていた。しかし、一部の「これは小型の」「樹木食べてるみたい」「を食べるなぞ不届き千万」など見た目に起因するクレームが耐えることがなかった。その後試行錯誤が行われ、ある時突然変異であるアルビノ種のブロッコリーを生み出すことに成功した。白く輝くブロッコリーに活路を見出したものの、葉も茎も白い植物を育てることは難しく更なる改良が進められた。結果、可食部のみ白くそれ以外は通常のブロッコリーと同じ植物を創造することに成功した。

完成した白いブロッコリーはまるで白い花が咲いているようであることから、かりそめの花からカリフラワーという名前が付けられた。 カリフラワーは可食部の形状が白雪を連想させる美しさであることから、ブロッコリーよりも高価で取引されている。

特徴編集

ブロッコリーから無理に品種改良を行ったためブロッコリーには見られない特徴がみられるようになった。

最も大きな変化として、1つの株に1つのカリフラワーしかできないという点がある。ブロッコリーは1つの株からいくつものブロッコリーが生えてくるのだが、突然変異かつ劣性遺伝のアルビノ種を掛け合わせ品種改良を行ったため遺伝障害が発生し、1つの株に1つのカリフラワーしかできなくなった。現在栽培されているカリフラワーはすべてこの特性をもっており生産量でブロッコリーに大きく差をつけられている。 加えてアルビノ種の特性を持つため可食部は日光に弱く劣化しやすい。そのため栽培には日光を遮る覆いが必要となり育成の難易度とコストが高くなり、価格の高騰に拍車をかけている。

またカリフラワーが流行した際、カリフラワーと称し脱色ブロッコリーが市場に出回り問題となった。そのため厳密な品質管理が必須となっており、特に輸入品については全数の遺伝子検査が実施されている。

文化編集

カリフラワーはその容姿から、雪や花の比喩として使用されることもある。雪を表現しつつも植物の持つ生命の息吹を表すこともでき、花のように可憐でありつつ野菜の持つ力強さを示すことができる。このように複数の意味を持たせることができるが、楽曲の歌詞としてはカリフラワーの語呂の悪さから直接的には使用されず隠喩でのみ使用される。

  • 中島美嘉『雪の華』の歌詞は品種改良をし冬に収穫できる品種のカリフラワーを育てている農家の夫婦の今年初めの収穫を歌ったものであり、雪の華とはカリフラワーのことである。
  • SMAPの『世界に一つだけの花』のonly oneの花とはカリフラワーのことである。カリフラワーのように強く誇り高く生きるために研鑽すべし、という思いが込められている。

絵画でもモチーフとして使用されるものの、下書き時には存在するが雪や花を主題とした作品にカリフラワーがあるとイメージが悪いため最終的な仕上がりの際にはすべて雪や花として描かれる。


  カリフラワーは、まだ定食屋の付け合わせ料理です。一品料理にして下さる一流シェフを求めています。 (Portal:スタブ)