メインメニューを開く

Uncyclopedia β

クロマキー

クロマキーとは透明人間を製作することができる非常に便利な道具のことである。

目次

概要編集

クロマキーと言うのは人を消し去る特殊な映像技術である。実際に消えるわけではないが透明人間も実際そこに存在するわけだからそのあたりはご愛嬌と言ったところだろう。この技術は本来壁に絵を書くことが面倒くさくなった人間が作った簡単に背景を切り替えられる装置なのだが最近では人間にその消える布を被せて透明人間であるかのように振舞うと言ういじめが流行している。このことについては次項詳しく書く。

機能編集

最近ではこれを利用した悪質ないじめが横行している。これは映像技術なのであくまでテレビ越し、またはカメラなどの映像機器越しでしか効果を出さないのだがこのことを知らない人間に特製の布を被せて見えなくなったかのように装いぼこぼこにたこ殴りするという物をはじめとして、他にもいなくなったかのように振舞い無視し続けるという物などさまざまなものが報告されている。

しかし、NHKなどのテレビ局はこの技術をほかのことにも利用している。それは壁の一部からしか見えないことから特定の人間を晒し上げる際に前にいる人間によって視覚妨害されるのである。このことにより特に罰則を受けることなく堂々と陰湿な嫌がらせを行うことができるのである。

対策編集

政府はこのことを警戒しており、一時はテレビ局にクロマキーの使用を中止するように要請した。しかしそうすると今度は背景が味気なくなってしまったりCGがうまく作動しなかったり、背景を描く人間が過労死するなどさまざまな不満が飛び出しついに政府はクロマキーの使用を容認した。しかしそうすると元通りテレビ局はそれを嫌がらせの材料として使用した。それも今度はより悪質になり首だけを出して生首とののしったり、クロマキーをかぶせたままスタジオに放置するなどということもあった。そして再び政府はクロマキーを問題視し始めた。が、今日に至るまで有効な解決策は出されておらずテレビでは今日も公的ないじめが平然と行われている。

関連項目編集


  この番組「クロマキー」はまだパイロット版です。
実用化に向けて更なる検討を必要としています。 (Portal:スタブ)