メインメニューを開く

Uncyclopedia β

グレン・グールド

グレン・グールド(Glenn Herbert Gould, 1932年9月25日 - 1982年10月4日)は、カナダ生まれ、スタジオ育ちの歌手ボーカリストである。また後述するグールド病の病原体としても知られている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「グレン・グールド」の項目を執筆しています。

目次

ピアノ伴奏が世界一上手い歌手編集

歌手なので当然だが、現存するあらゆる映像、録音物の中でグールドは常に歌っている。後述するように人嫌いらしく、時には動物に対しても歌いかけることで、言語の壁を越えて意思疎通していると彼は信じている。絶対音感を持っている癖にあまりに下手な前衛的なその歌声は、世間からは全く評価されず、レコーディングエンジニアからは再三「黙れ」といわれ続けたほどである。そして、いまだにボーカリストとして評価されないまま現在に至っている。

鮮烈のレコードデビュー編集

ところが、その下手すぎる前衛的すぎる歌声に反して、歌に付随される伴奏はまさに神技であったために、十代の頃から開いていたコンサートのピアノの伴奏(だけ)に興味を持った大手レコード会社からレコードデビューすることになる。バッハのゴルドベルク変奏曲という山も谷もない地味な曲を伴奏しながら、グールドが延々と1時間近くも歌い続けたこのレコードはバカ売れして、グールドは世界一ピアノ伴奏が上手いシンガーとして一躍有名になった。その後も、自身の独特なボーカルをピアノ(まれにオルガンやチェンバロ)の伴奏と共にレコードに録音して販売していたが、その下手な前衛的すぎるボーカルにうんざりしたレコード会社の役員はグールドを黙らせて、その伴奏だけで録音したいと申し出たところ、グールドは自身のボーカリストとしての自負から、ボーカル無しで伴奏することは不可能だとしてその申し出を退けた。

完璧主義の歌手編集

グールドはまず第一にボーカリストであるため、伴奏時の明らかにおかしな姿勢や、歌うことを優先するが余りに楽譜の指示を無視して極端なアレンジを行ったり、その歌唱法に適さない曲の不幸にも35歳で夭折した変態天才作曲家に対し「もっと早くに死ぬべきだった」と差別的な発言をするといった行為は、良くも悪くも世間の注目を浴び、多くの賛否両論を生み出すことになった。もちろん、常に自分の喉の状態を気にしているので部屋の寒さや湿度には酷く敏感であり、真夏でもセーター、マフラー、手袋、オーバーオールをしていたことはつとに有名である。喉のためには飲み水にもこだわり、水道水をそのまま飲むことは断固として拒否し、米国でのレコーディングにもわざわざガラス瓶に入ったポーランド製のミネラルウォーターを数本持参した。レコーディングの前には室温をこまめに調整し、洗面器に温かいお湯をはって腕をしばらく浸し、喉が潤うようにしていた。レコーディングを開始する際にエンジニアがまず注意を払わなければならなかったのはスタジオ内の温度と湿度であったという。もちろん、ピアノに座る前には発声練習を欠かさなかった。ただし、あまりに喉の状態を気にするがあまりに、怪しげなものも含めてさまざまな薬品を日常的に摂取していたため、後述するようにそれが彼の短命の遠因になったという意見も多い。

引きこもりの問題児編集

グールドは、幼い頃から母親に溺愛され、一人息子として大事に育てられてきたために、他人に合わせてコミュニケーションをうまく取るということができないコミュ障であった。それでも仕方なく、その歌声を披露するために世界ツアーをおこなっていたが、人前で同じことを繰り返すだけのツアーは発展性のある行為ではないとして、ツアーを止めて、1964年以降は自宅と録音スタジオに引きこもってレコード製作に勤しむことになる。ただし、生粋の引きこもりの癖に目立ちたがり屋の厨二病の要素も持っていたため、自宅とスタジオに引きこもりながらも、自分で編集できるテレビ番組の司会やラジオ番組の制作は続けることにした。 このように完璧主義者であるが故に、著名な音楽家たちとの衝突も絶えなかった。

  • コンサート前に30分も椅子の高さ調整をおこなったので待たされた宇宙一強いセルマジギレ(ネタ説あり)
    座面の高さを5cm調整するより、お前のケツを5cm切れ」と言われる
  • ピアノを伴奏しながら空いてる腕を振ってオケを指揮するので正指揮者のカラヤンがマジギレ
  • ブラームスピアノ協奏曲第一番で極端に遅いテンポを主張して譲らずバーンスタインがマジギレ
    指揮者とソリストとどちらが偉いのか!?」と翌日に新聞沙汰になる
  • コンサート前日の初顔合わせのリハをメンバーが集まっている状態でドタキャンされて朝比奈がマジギレ
    ちなみに、公演当日の直前のゲネプロにやっと来たグールドに対して、朝比奈と楽団員は憤怒していたが、前奏(ベートーヴェンピアノ協奏曲第二番)が終わって、グールドのピアノの音が出た瞬間にみな衝撃を受け楽団員は慌てて椅子にきちんと座りなおしたという
  • ドタキャンしたミケランジェリのコンサートの代わりを頼まれて
    ナンバーワンピアニストがナンバーツーの代役に借り出されるなんて!!」とグールド自身がマジギレ
    多くのミケランジェリファンから顰蹙をかう
  • ホロヴィッツの名盤「ヒストリック・リターン(=歴史的カムバック)」に嫉妬して「ヒステリック・リターン(=キチガイカムバック)」というラジオ番組を制作
    それでも飽き足らず、さらにあてつけのレコードを作ろうと変なテンションの手紙をレコード会社のプロデューサーに送るが当然スルーされる

などといったほほえましいエピソードが伝わっている。その反面ガチバイセクアッーバーンスタインは言うに及ばず、ユーディ・メニューインやレナード・ローズ(ヨーヨー・マの師匠)など共演した超一流の演奏者たちから熱烈にリスペクトされていたことも事実である。

世間の冷たい評価と死亡フラグの成立編集

その後、グールドはいくら歌って、録音して、自分で好き勝手に編集して、レコードを販売しても、誰も自分の歌声に対して正当な評価をしてくれないと駄々をこねだし、「オレ、、50歳になったらピアノ伴奏は止める!」と宣言。ところが、その言葉が見事にフラグとなったことを当時は誰もわからなかった。。宣言どおりに50歳の誕生日を迎える1982年から指揮者として活動、録音し始めるが、50歳の誕生日(1982年9月25日)のたった2日後に脳卒中を起こし倒れてしまう。結局その10日後にグールドは帰らぬ人となった。あまりにも悲しすぎる死亡フラグの樹立と成就である。

グールドの50歳の誕生日である1982年9月25日は、また、デビュー作であるバッハのゴルトベルク変奏曲の再録音CDの発売日でもあった。これは、1956年発売のデビューレコードでは、録音技術が稚拙なせいでボーカルがはっきり聞こえないために、1981年に改めて当時の最新のデジタル録音技術で録り直したものである。これで、本当に最初から最後までグールドの生々しいボーカルがはっきりと聞こえるようになった。どう聞いても邪魔です。本当にありがとうございました。しかし、グールドのボーカルを高く評価したごくごく一部のファンには堪らないレコードになり、現在でも毎年それなりに売れ続けているらしい。

グールド病の病原体として編集

ボーカリストとしてのグールドから目をそむけ、専ら彼のピアノ演奏を称える者は皆グールド病に感染し、完治しないままその生涯を終える。ここまで読んで腸を煮えくり返らせているあなたも例外ではない。まず以下の項目をチェックしてみよう。3つ未満であればまだ救いはあるが、6つ以上であれば明らかにグールド病に罹患していると言えよう。

  • とりあえずゴルトベルク変奏曲の楽譜(カーク・パトリック版)を買ってみる
  • ピアノ教室に行って、バイエルも弾けないくせにゴルトベルク変奏曲を教えろと言って呆れられる
  • とりあえずピアノの椅子をできるだけ低くする
  • グールドっぽく歌いながらピアノを弾こうとする
  • 無意味に身体を揺らしながらピアノを弾こうと(ry
  • もちろん指揮法なんて知らないので無意味に手を振りながらピアノを(ry
  • ショパンの曲はグロテスクだと言って、大して知らないくせに全否定する
  • ベートーヴェンの三大ソナタ(除く月光)も大して知らないくせに全否定する
  • 本当は全く分からないのにシェーンベルクの曲を良いと言う
  • 夏でも厚いコートを着て、汗をかいているにも関わらず寒いと言い張る
  • 本当は味も分からないのに水道水なんて飲めないと言い張る
  • 自分が童貞なのはグールドの真似をしているからと言い張る

6つ以上あてはまったけれども信じられないという人は、鏡を見て確かめてみよう。似ているかな。

 

自惚れすぎてはいないだろうか。どちらかと言えばこっちではないのか。   いや、率直に言って、まだ遠い。


  うん、よく気付いたね。そうだ、そっくりだよ。


さあ、に帰りなさい。