メインメニューを開く

Uncyclopedia β

コピ・ルアク

Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。

コピ・ルアク(英/尼・Kopi Luwak)とは、陶器製のコーヒーミルである。

目次

概要編集

コピ・ルアクとは、インドネシアのスマトラ島やジャワ島、スラウェシ島などで細々と生産されるジャコウネコをあしらったコーヒーミルである。インドネシア独特の粘土を使って作られる陶器はコーヒー豆の感触を変えて独特の匂いと形を与える性質を持っており、その愛らしい姿とともにコーヒーファンの間で実用・コレクション用として愛されている。

猫の口に見立てた投入口にコーヒー豆を入れ、頭にあらかじめ穴をあけそこから棒を突っ込みコーヒー豆を粉砕する。そして粉々になったコーヒー豆は猫の尻に見立てた排出口から取り出すが、中にはハトの胃液であるピジョンミルクのように錯覚し猫の糞を飲んでいるように思う神経質な人もいるようだ。

美術品編集

ジャコウネコをあしらった猫型の陶器は美術品としても評価がとても高く、現在では数少ない陶芸職人によって作られる一点物のコピ・ルアクはインドネシアの伝統的工芸品としてイギリスフランスに住むブルジョワ層を中心としたに購入されている。

ただ、美術品として最も高価なのはインドネシア産のコピ・ルアクではなくフィリピン産のコピ・ルアクである。理由としてはインドネシア産よりもさらに希少価値が高いことが大きく、有象無象のインドネシアとの差別化のため現地での呼称「カペ・アラミド」とわざわざ呼び分けるほどである。

類似品編集

実用としても美術品としても優秀なコピ・ルアクは投機の対象になることもあって高値で取引され、一般庶民にはとてもではないが手が届かないものになっている。そこで天然パールに対抗する養殖パールのように、現地の一般庶民は工場で生産されたイタチ型やタヌキ型のコーヒーミルを使っている。大量生産工芸品にありがちな均一な品質を維持したイタチ・タヌキ型のコーヒーミルで挽いたコーヒーはコピ・ルアクの一点ものの味には叶わないが、高級レストランの料理よりチェーン店の定食がいいという人のようにコピ・ルアクで挽いたコーヒーを知っている人でもこれはこれで好きだといっている。

大量生産されたイタチ型・タヌキ型コピ・ルアク類似品は一般商店にも出回っており、現地人だけでなく観光客が安価でかわいげのある疑似コピ・ルアクとしてお土産に買っていくことで知られる。ただそうした観光客の多くは本物のコピ・ルアクを安く買えればいいなと思っており、そうした観光客のの性質を利用してイタチ・タヌキ型コーヒーミルをコピ・ルアクとして本物よりは安いが類似品としてはぼったくり価格で売る悪徳商人も結構存在する。それは純度100%のタピオカ餅をわらび餅として売るがごとく許されない行為である。まあ、観光客もやすやすとだまされるのではなく大量生産された偽ブランド品があると知っておくことで自衛し、どうしてもほしければ適正価格まで値切りをするのが一番の対策であろう。

関連項目編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「コピ・ルアク」の項目を執筆しています。