メインメニューを開く

Uncyclopedia β

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「タイピング」の項目を執筆しています。

タイピングとは、主にキーボードを用いてテキストを入力することである。

目次

さまざまなタイピングの方法編集

一口にタイピングと言ってもさまざまなタイピングの方法がある。

10本の指を用いたタイピング
このタイピングが一番望ましい、右手左手計10本の指を用いたタイピングである。しかし習得が難しいため多くの人はまず下記のタイピングを覚えてしまう。
親指、人差し指、中指を用いたタイピング
使いにくい薬指と小指を除外したタイピングである。手の位置が大きくぶれるためタイピングミスが増える。ちょきちょき。
我流雨だれ式
人差し指のみを用いたタイピングである。指の移動に時間がかかるためタイピング速度に劣る。片手のみを用いたものを我流雨だれ式一刀流、両手を用いたものを我流雨だれ式ニ刀流とも。
舌を用いたタイピング
舌を用いたタイピングである。非常にタイピング速度に劣りタイピングミスも多くなるがこれを愛用する熱狂的なファンはいない。不特定多数の人間が使用するキーボードの場合、前に使ったのが女の子なら興奮するけどおっさんだと尋常じゃないレベルで落ち込む。また技術が向上すると前に使用していた人物の性別、年齢、職業などがわかるようになると言われている。
口にくわえたペンを用いたタイピング
口にくわえたペンを用いたタイピングである。ペン先が細いので舌を用いるより精度は高い。怪我などで両手が使えなくなったときは、上記の舌を用いたタイピングとの2択を迫られるであろう。

タイピングは人によって微妙に異なるため上記以外のタイピングも当然ある。

サイトメソッドとブラインドタッチ編集

サイトメソッドとはキーボードを見ながら打つ方法、ブラインドタッチはキーボードを見ずに打つ方法である。

サイトメソッド
キーを見ながら打てるため多くの人がこちらを先に習得する。サイトメソッドを先に習得してしまうとブラインドタッチを習得するまでの間かえってタイピング速度が落ちてしまうことも。
ブラインドタッチ
タッチタイピング、タッチタイプ、タッチメソッドとも。キー配列を覚えなければいけないため習得には努力を要するが常に画面を見ていられるためタイピング速度、タイピング精度ともに向上する。
エクストリーム・ブラインドタッチ
デタラメにキーを叩くと入力したいテキストが入力されているというものである。

タイピングの練習方法編集

タイピングソフト
タイピングの練習のために作成されたソフトウェアを用いて練習する。効率的な方法ではあるが変換が無いため変換の練習にならない、タイピング速度ばかりを重視してタイピングミスが増えるなどの欠点もある。
インターネット掲示板チャットなど
実際に人とキーボードを通じて会話してタイピングを習得する。非常に効率的だが特にチャットなどにおいてタイピングを始めたばかりだとウザがられることも。

タイピング速度編集

タイピング速度は秒/6キーほどあれば速いと言える。

ちなみにコンピュータ大国アメリカ国民の平均タイピング速度は秒/30キーである。

特殊なタイピング編集

テキストを入力する以外にもタイピングが用いられることがある。

タイピングによってキーボードを打楽器として演奏する。
やりすぎるとキーボードがクラッシュする。職場や学校でやると周りに嫌われる。将来タイピング音を出さないことがマナー化しサイレントタッチなんて言葉が流行るかもしれない。

関連項目編集