メインメニューを開く

Uncyclopedia β

タモリはタル

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「タモリはタル」の項目を執筆しています。

タモリはタル日本漫画家おっぱい研究家ロボットポンコッツ等の著作で知られている。

目次

概要編集

 
百聞は一見にしかず、これがタモリはタルの乳力。

王ドロボウJINGなどの代表作を持つ熊倉裕一の弟子であり、主にコミックボンボンで活動していた。一般的にはにしまきとおる松山せいじらと並ぶ日本漫画界におけるおっぱい研究の第一人者として知られており、専門家の間でも評価が高い。ポトリス連載以後は消息を絶っており、コミックボンボンとともにヒンニュー教徒に消されたのではないかと言われていたが、2009年ケロケロエースで連載を予定しているとの情報が入り、ファンを安心させている。なお、彼がこのような低年齢層を対象とした雑誌で執筆するのは小学生にもおっぱいの魅力を堪能してほしいという思いからであり、この姿勢が若年層へのおっぱいの普及に貢献しているとして様々な方面から表彰されている。[要出典]

ロボットポンコッツ編集

タモリはタルの名を世に知らしめることになった怪作。登場する人物のほとんどが爆乳を超える超乳の持ち主で、物語の途中でついに貧乳のキャラが出てきたと思ったら、実は男だったという徹底ぷりから、一部のマニアの間で支持されている。なお、作品の初期の頃はおっぱいのサイズが超乳というほど大きくなかったがこれはタモリのおっぱい研究がまだ真理に近づいていなかったことによるものである。

無限戦記ポトリス編集

ロボットポンコッツの連載終了後、無限戦記ポトリスという作品を描いている。しかし、この作品の中では女性が全く出て来る事がなく、タモリのおっぱい研究の成果が生かされることがなかった。この件は一説にはタモリの影響を恐れた貧乳教徒による陰謀[要出典]であると言われている。

関連項目編集