メインメニューを開く

Uncyclopedia β

ダイダラボッチ

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ダイダラボッチ」の項目を執筆しています。

ダイダラボッチ、もしくはデイダラボッチディダラボッチとは、もののけ姫の登場人物。たまに田植えの真似をして海苔を作る。

目次

生態編集

自分の名の付けられた「シシ神の森」に生息し、などの人の目に触れる普段の時間帯はシシ神として鹿などの動物に擬態している。しかしになると巨大化し、森をパトロールする。コダマはシシ神の現れるところを予測して出現する。生と死を司る神で、自分の力を他の生物に譲ることができる。そのため、2代目は自分の意志で死ぬことができなくなる。

サン・アシタカとの出会い編集

つまらない日々を送っていたダイダラボッチはある日、シカにまたがる少年アシタカを見つける。人間が自分の力を受け継いだことに驚きながらも、自分の命が終わりに近いことを悟って彼を後継者とする。生と死を与えるシシ神は我々一族の畏敬の対象であるとモロの教えこみがあったために、アシタカとサンはダイダラボッチやシシ神の森を全力で守ろうと努力する。ナゴの神、乙事主の両名に自分のちからを分け与えたことで弱体化していたためこれをありがたく思い、森林パトロールを疎かにしてしまった。

神殺しの手が迫るなか、乙事主がタタリ神と化する。行き場のない力は吸い取るのみ!ダイソン(ダイダラボッチ)は自分のちからを取り戻した。ちょっと回復したもの束の間。エボシ御前に撃たれ、首を盗まれるはめに。

そして…編集

アシタカが後継者として自分の役目をついでくれるように、わざと首をゆっくり追った。痣があることを乙事主やモロ、サンの前で気にしていたことを察して痣は薄くすることにした。サンに痣のことを伝えるため、首を返されるときだけ一瞬濃くしたが...

結局朝日に間に合わずダイダラボッチは滅びることになった。新しく誕生した神のこれからを祝って。

脚注編集

 
現在では「シシ神」という言葉まで言われなくなり、「もののけ姫の森」という名になってしまった。


関連項目編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「もののけ姫」の項目を執筆しています。


  はっはっは!見ろ、「ダイダラボッチ」がゴミのようだ!! 君のアホ記事には、心底うんざりさせられる。今すぐ加筆して、このを満足させてくれたまえ。三分間待ってやる! (Portal:スタブ)