メインメニューを開く

Uncyclopedia β

チェンソーマン

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チェンソーマン」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「チェンソーマン」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「チェンソーマン」の記事を執筆しています。

チェンソーマン(英語:Chain Saw Man、直訳:鎖鋸男)とは、インターネットを中心として流行する都市伝説或いは妖怪の一種。

目次

概要編集

 
暴れる姿の想像図。実際には、このような激しい目撃例は無い。

その大まかな外見はボロボロの格好をした細身の青年で、「頭がチェンソー」或いは「身体からチェンソーが飛び出している」という2パターンのどちらかの姿で描かれる事が多い。一見すると危険そうだが、誰かをストーキングしたり拉致するという話はほとんど無い。大抵は頭の悪そうな事を言いながら[1]歩き続け何処かへ行ってしまうし、近くに来た場合も食べ物を与えれば喜んで受け取り去っていくという[2]

一部にはチェンソーを振りかざして暴れたという話もあるが、その場合もこちらから近付かなければ害はないという。とは言え男性相手だと平気で巻き込む傾向にあるらしく、長く見ているのは危険であろう。

構造編集

この都市伝説は、スレンダーマンやジャージーデビルのように悪意性を伴うものではなく「街をさ迷うおかしなもの」という形になっている。これは日本の民間伝承に多いパターンであり、ぬっぺふほふぺか太郎のように特に何の意味もなくなんとなくそこに存在する怪異、という極めてアジア的な都市伝説と言える。欧米文化圏では怪異や都市伝説には教訓が付き物だが[3]、そういった部分は薄い存在である。その為いわゆる「恩返し」的なエピソードも殆ど無い。

またそういった分かりやすさからか、付随する「お話」も多岐に渡る。角の生えた女が一緒にいたとか、日本刀を持った青年と口論していたとか、人間味溢れる逸話が今も増え続けており、インターネットの噂話として広がり続けている為その全容を把握するのは困難である。

脚注編集

  1. ^ 好色な話題や食べ物の話題が多い。
  2. ^ 食パンなど簡素な物で構わないが、甘いものを添えると更に喜ぶ。
  3. ^ また宗教的な意味合いも持つことが多い。

関連項目編集





この項目「チェンソーマン」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。
  記事は面白ければいいんだ。面白いものは削除されない。当たり前だ。
だが この「チェンソーマン」は面白くない
面白さを視野に入れるなら特に内容だな。誰でもいいから面白い記事を期待しているぞ。 (Portal:スタブ)