メインメニューを開く

Uncyclopedia β

チョウセンメクラチビゴミムシ

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チョウセンメクラチビゴミムシ属」の項目を執筆しています。

チョウセンメクラチビゴミムシ(学名Genus Coreoblemus)とは、甲虫目、オサムシ科,チビゴミムシ亜科に属する昆虫の属名で、朝鮮半島及び対馬に分布する。日本国内ではツシマメクラチビゴミムシと呼ばれる種が知られている。朝鮮半島では他に数種が知られており、朝鮮半島に7200万匹ほどが、世界には7800万匹ほどが生息している。

目次

生態編集

チビゴミムシ亜科に属する種は主に洞窟や地中に生息し、大部分が暗所に適応して複眼が退化している(これがメクラの名称の由来である)。移動力に乏しく非常に多くの種が分化している。生息範囲が一つの洞窟に限られている例も多く、絶滅の危機に瀕している種も多い。

チョウセンメクラチビゴミムシの仲間編集

  • オオメクラチビゴミムシ
  • キウチメクラチビゴミムシ
  • ヨシダメクラチビゴミムシ
  • マイヤーメクラチビゴミムシ
  • イラズメクラチビゴミムシ

領土問題編集

対馬に生息するツシマメクラチビゴミムシは北九州に生息するナガチビゴミムシ属とは別種でありチョウセンメクラチビゴミムシ属の仲間である。 これは、チョウセン人の妄想などではなく、日本国立科学博物館の上野博士が科学的に決めたことである。 朝鮮半島に生息するチョウセンメクラチビゴミムシは対馬に何百年も前から同属が生息している事実を根拠として 対馬は朝鮮半島の一部であり、チョウセンメクラチビゴミムシの領土であると主張している。

日本の修正主義者たちが上野博士を脅迫してツシマメクラチビゴミムシを日本のメクラチビゴミムシ属の仲間に修正させようとしたが、上野博士は差別名変更を訴える人権団体の脅迫にも屈しなかった漢であるため、殺されても認めないだろうと言われている。

でも実は何百年前どころか何百万年も前からいたんだってさ。

表現における問題編集

この虫の名称は、どういうわけか一部の場所では忌避されているようである。その理由は不明であり、何らかの陰謀すら伺わせる現象であるが、正式な和名として図鑑にも載っている名称を公の場で使用させない、という行動は学術的な議論を妨害する行為であり、生物学者をパニックに陥れている。

一部の人から「差別用語を堂々と使うとはなにごとニダ! 謝罪と賠償を(以下略)」とする抗議が出ており、代替名称として「主にコリアに分布する視覚的にチャレンジされた標準的サイズより小さな(ただしこの虫の責任ではない)社会的に重要視されないという不当な扱いを受けている塵芥を処理する虫」が提唱されているが、命名した日本国立科学博物館の上野博士はあらゆる脅迫にも圧力にも屈しない男の中の男であるため、チョウセンメクラチビゴミムシの名前は守られている。

関連項目編集

外部リンク編集