メインメニューを開く

Uncyclopedia β

ノートン・インターネットセキュリティ

ノートンから転送)

ノートン・インターネットセキュリティ(Norton Internet Security)とはコンピュータウィルスの一種である。

目次

概要編集

このウィルスはシマンテックによって作られた世界で一番普及しているトロイの木馬である。コンピュータウィルスとしては珍しく、他のウィルスを検知した場合自らの存在を脅かすものとして削除する性質を持つ。その他詳細は下記に述べる。

具体的な症状編集

  • 感染時にウィルス対策ソフトを削除、またはそれを促す
  • パソコンを重くする
  • たまにパソコンの動作を不安定にする
  • 何かするたびに警告メッセージを出す
  • ダウンロードの速度を下げる
  • 掲示板等に書き込めなくする
  • 特定のサイトにアクセスできないようにする
  • 特定のサイトの機能を制限する
  • シマンテックへの支払い要求を勝手にポップアップ表示する
  • 他のウィルスを削除する
  • 勝手にシマンテックのサイトに接続し、ファイルをダウンロードする
  • アンサイクロペディアを支配して、投稿ブロックしてくる

感染経路編集

近くのパソコンショップやネット通販、その他パソコンソフトを扱う店などが主な感染経路であるが、最近ではWinnyShareなどからの感染も確認されている。また、市販のパソコンに既に感染していることもある。

駆除方法編集

コントロールパネルのプログラムの追加と削除から駆除することができる。一部のウィルス対策ソフトはインストール時に駆除してくれる。(たとえそうでなくても感染していた場合、検知してくれるものが殆どである)

その他編集

ウイルスチェックと称してOSにセクハラ行為をするため、「スケベオヤジ」「エロジジイ」などと呼ばれることもある。実際、最新型ではロリータエンジンを搭載し、一部のマニアには大人気であった。

ノートン・インターネットセキュリティは自分以外のウイルスを駆除するコンピュータウイルスに出会ってはいけない。なぜならば、互いに破壊しあうからだ。この殺し合いは危険で機械が作動できなくなることもあるので、ソフォスとかとは出会わせないように。

関連項目編集

NOW LOADING ....  
ノートン・インターネットセキュリティの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)