メインメニューを開く

Uncyclopedia β

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ハイパー」の項目を執筆しています。

ハイパーとは少し前までは使われていたのにいつの間にか使われなくなった言語の代名詞のことである。

目次

概要編集

ハイパーという単語はほんの少し前まではスーパーより上のものをあらわすときに使われていた。それが今ではスーパーの一段上のものを表すときにはデラックスウルトラが使われるようになった、事実あの丸いフォルムのキャラクターが主人公のゲームでもウルトラスーパーデラックスというようにハイパーという単語の存在など微塵もない。このように今では人気の言葉でもいつかは使われなくなるという反面教師を担っている言語である。

人気だったころ編集

ハイパーが最盛期だったころ街中には恐ろしいほどにハイパーという単語が飛び交っており、ハイパーを知らない人間は古い人間とされていた。PTAなど頭の固い人間はそれを問題視してはいたものの、結局勢力に押されて黙り込むしかなかった。このことでさら二ハイパーは勢いづいたが、いつの間にかハイパーという単語の勢力は弱くなっていった、そのことについては使われなくなったわけに書くことにする。

使われなくなったわけ編集

この言語が使われなくなったわけには確かに古臭いという理由もあるがワンピースという漫画の存在もあるといえる。この漫画の中にロボットが出てきたときにそいつの口癖が「スーーーーパーーーー!!!」であったためスーパーという言語の存在が強くなり反対にハイパーの存在は薄くなっていたのだとされている。だがそのころにはアルティメットという単語がすでにあったため誰も不自由しなかった。ゆえにハイパーは誰もが忘れてしまったとされている。だが本当はあまりにハイパーが使われすぎたために若者の日本語離れが危険視されたため文化省が裏でハイパーを使う人間を抹殺していき若者たちにそのことを知らしめたためなの、おや?誰か来たようだ。くぁwせdrftgyふじこlp;@:「」!!!!!!

現在の活動編集

やる気を失いろくに活動していないという報告があがっているが、その反面虎視眈々とブレイクを狙っているという報告も上がっている。今後もさらに観察を続けて粛清されました

ハイパーが使用されている項目編集

関連項目編集


この項目「ハイパー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)