メインメニューを開く

Uncyclopedia β

ハニリイト

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ハニリイト」の項目を執筆しています。

ハニリイトとは、

  1. 実在する会社。株式会社、および有限会社が実在する。
  2. カナロックと呼ばれる日本古来のキー操作状態によっておきる悲劇。本稿で説明する。

ハニリイトとは何か編集

ハニリイトとはハニリイトでありハニリイト以外の何物でもない。しかしハニリイトは時として、異なった用法が使われる。

ハニリイトあるいはそれと同様の機能を持った道具を用いて、ドアをこじ開けるなど建造物が破壊されたり、ATMや金庫、自動販売機など破壊され荒らされたり、人が傷つけられたりすることがある。

こうした犯罪事件が報道される際、犯人がまだ捕まっていないなどの理由で凶器が不明なケースもある。状況から使用された凶器はハニリイトかもしれないと推定されても、実際に使用されたのがハニリイトであるかハニリイトでないか不明であるから、仮に報道で「凶器はハニリイトであり…」と断定した場合、これは厳密には誤りとなる。犯行にハニリイト以外の道具を用いたという可能性を切り捨てることになるからである。つまりこの文脈で「ハニリイトのようなもの」と「ハニリイト(そのもの)」とでは意味が違うのであり、報道機関には正確さが求められるゆえに、使用された凶器が不明な段階では「凶器はハニリイトのようなものとみられ…」と曖昧さを持たせて報道することになる。

したがって、その「ハニリイトのようなもの」の正体は何かと問うのは無益である。なぜならば、それがハニリイトのようなものである以上のことは、現物が発見されて事実が確認されるようなことがなければわからないことだからである。バラのような香りの正体はバラかもしれないし、単なる芳香剤であるかもしれないのと同じように、「ハニリイトのようなもの」の正体はハニリイトそのものであるかもしれない一方で、ハニリイト以外の別の物かもしれない。

これは「拳銃のようなもの」などについても同じことが言える。拳銃とおぼしき道具をもって人を脅した事件が起きた場合、確認されていない段階ではそれが実銃かおもちゃの拳銃(→遊戯銃・模造銃)か、あるいはまったく関係ない類似する形状の物、ないし目撃者の全くの錯覚による誤認であるかは不明なため、正確を期するためにこのような表現がなされるのである。

しかし、「ハニリイトのようなもの」が特徴的であるのは、その言葉に包含される一連の物の代表例として、ハニリイトが真にふさわしいものであるかどうかにある。当然の事ながら、ハニリイトのようなものという表現が成立するためには、ハニリイトと聞いて大多数の国民がすぐにそのものを想起できる必要があるが、その点に疑問が存在するのである。これは「包丁のようなもの」「拳銃のようなもの」という表現と比較したときに明白である。

なお、破壊された物品に残された傷跡から「ハニリイトのような物でこじ開けた跡が…」といった報道がされることがあるが、これは「ハニリイトでこじ開けた様な跡」とはあまり報道されないようである。

また、警察での記者発表や調書においては「ハニリイト様(よう)のもの」と発音・表記される。これが「ハニリイトのようなもの」をさらに「ようなもの」たらしめている一因とも言えよう。

この項目「ハニリイト」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)