メインメニューを開く

Uncyclopedia β

バリアフリースポーツ

この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイくじけぬ心が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

バリアフリースポーツとは、現在大流行のエクストリームスポーツに対抗してとは真逆のコンセプトで作られた安全なスポーツである。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「バリアフリースポーツ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

コンセプト編集

競技者の身体に優しい
  • いくら楽しいスポーツとはいえ、ケガをして日常の仕事に影響が出ては困るので。

→競技性よりも安全性を追求する。

観客の心臓に優しい
  • いくら楽しいスポーツとはいえ、興奮の余り失神したり発作を起こされては困るので。

→エンターテイメント性より(観客の精神的な)安全性を追求する。

環境に優しい
  • いくら楽しいスポーツとはいえ、競技場を作るために森林を伐採するわけにはいかないので。

→利便性より(地球環境の)安全性を追求する。

主なバリアフリースポーツ編集

関連項目編集


  この項目「バリアフリースポーツ」は、先人によって冒頭部が作られ、代々伝えられてきた物語のほんの序章に過ぎない、始まったばかりの項目です。これからの本当の物語の綴り手は、あなた自身です。 (Portal:スタブ)