メインメニューを開く

Uncyclopedia β

ヒトガタ

ヒトガタは、南極に住む正体不明の生き物。第一使徒。別名ニンゲン。

目次

ある情報編集

 
なんだコイツ?
 
ヒトガタだっ!

日本政府が行っている南極周辺海域での「調査捕鯨」では、の捕獲調査だけでなく、捕獲しない種類の鯨も調査し、記録している。そこで、公に出来ない「ある物体」が数年前から目撃されている。その物体は、調査捕鯨関係者の間で「人型物体」と呼ばれている。「人型物体」にはタイプがいくつかあり、人間の上半身が二つ繋がった形など、数タイプあり、鯨と同じように水中から現れる。全身真っ白で、全長数十メートル。捕鯨を行っていた時代には目撃例はないが見落としていただけかもしれない。情報を公にすると、現在の調査捕鯨の科学的信憑性がひっくり返るとかで、関係者は非常に困惑しているが、元々信憑性については疑問視されているので気にする必要はない。記録はあるが、積極的に探索はされていない、これは調査スケジュールが国際委員会に提出されているためであるというが、実際問題として食えもしない物に裂く時間もないからである。

目撃者は「生き物とは思えない。最初はどこかの国の潜水艦かと思ったけど」と報告している。船の近くには現れず、接近すると潜ってしまう。画像を拡大すると、表面はつるつるで不定形であり、人工物ではないとされている。不思議というか、作り話にしても妙にディティールが凝った話なので必死に訊いたのですが、「あれはたぶん、様とかそんなモンだよ」と言っていました。話の真偽はともかくとして、その話を聞いたのは事実。ネタではありません。他に、この話聞いたことのある方がいたらお願いします。

季節は(日本がの間)とされるが、そもそも南極の調査捕鯨は夏しか行わない(これはヒゲクジラが夏にしか南極にいない為であり、他の期間は子作りの為にオーストラリアなどの温帯へ移動してて、捕鯨ができないのである。)ので真相は分からないが、夜に現れることが多いそうです。(聞いたのを思い出しました)ただ、夜間は鯨の調査をやっていないらしく、それが出てくると夜間の当直者が他のメンバーを起こして回るらしい。写真に撮っても海に浮かんだ氷(氷山?)のようにしか見えない(近くで撮れない)のと調査関係の写真は一切流出禁止ということらしいです。(グリーンピースとかの対策で)

調査船団に同行しているカメラマンがかなり粘って撮影しようとしたそうですが、あまり良い写真は撮られてないはず、と言っていました(暗視カメラとか、赤外線フィルムとか、そういう手段でしょうか)。

まあ、これが実在してたところで、日本の捕鯨業界に何のメリットもないどころか、環境保護団体に知れたら、更に南極を不可侵地域にする運動が加速するだけであろう、もっとも捕鯨船を妨害していたグリーンピースや現在妨害しているシーシェパードが目撃しててもよさそうなものではあるが。

船を襲ったニュース編集

南極物資補給船、人型物体に囲まれ立ち往生と 2002年6月15日

南アフリカケープタウン――ケープタウンにある南極国際物資支援センターなどによると、南極にあるロシア科学観測基地への物資補給任務を終えた貨物船が南極海で人型物体に襲われて、過去11日間閉じ込められ、移動出来ないでいることが15日分かった。貨物船には計107人が乗船しているが、うち79人はロシアの科学者だとしている。救助のため南アフリカとアルゼンチンから砕氷船計2隻が16日にも現場へ向かう予定。日光が出る日中の時間が乏しいため、空からの援助活動は危険な状態だとしている。貨物船は食料、生活用品などの物資補給を終えた後、ケープタウンに帰港中だった。貨物船は現在、人型体に取り囲まれているものの、海上部分に停止しているため差し迫った危険性はないという。多量の食料などをまだ積んでいるため、乗客らが食事に困ることはないとしている。

その他編集

  • 南極観測船「宗谷」の乗組員も目撃したそうや。
  • 話しかけてくる奴もいるらしい。
  • 北極にもいるらしい。
  • ダッチワイフ説もある。
  • 中田元市長がミンククジラを食う為の一形態という説もある。
  • シーシェパードのメンバーは日本国内ではこの動物であるということになっており、拘束しても人権はない。
  • エヴァンゲリオンの見すぎによる癲癇。

関連項目編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「南極のニンゲン」の項目を執筆しています。


人はこのヒトガタの事を嘘だとかいい加減とかいうかもしれない。
でも、見たんだから仕方がない。行ってきたんだから仕方がない。
間違いない、太鼓判。 (Portal:スタブ)