メインメニューを開く

Uncyclopedia β

ビーチバレー

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ビーチバレー」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ビーチバレー」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ビーチバレー」の記事を執筆しています。

ビーチバレーとは、バレーボールから派生したスポーツショーの一つ。分類上正確にはビーチカルチャーとなり、スポーツではない。

目次

概要編集

バレーボールの歴史は19世紀末まで遡り、1895年前後に子供や御婦人方が気軽に運動に親しむきっかけとなるべくアメリカ合衆国で考案されたという説が有力である。当時(19世紀末から20世紀初頭)は世界的にそういった思想が流布されており、日本で1905年に出版された小説『吾輩は猫である』にも「この20世紀の御時世に運動もしないようでは、文化的な生き方とは言えない」という記述がある[要出典]。しかし競技として発展するにつれて、素人が参加するには高いハードルを越える必要が出てきてしまった[1]

またバレーボールは時代が進むと参加するチームの人数こそ減って見やすくなっていったものの、リベロだけ他のメンバーと対照的な色のユニフォームを着なければならないとかサーブ毎に配置を必ずローテーションしなければならないとか、様々に複雑なルールが付加されていく。更に攻防のスピード感が進化しすぎて素人目ではなにがなんだか分からないという問題も出て、段々と難しいスポーツというイメージへとなっていくことになる。 そういった尖鋭化していく流れを立ちきり、誰でも参加できて素人が見ても楽しめるバレーボール入門用のショーイベントが考案された。それがビーチバレーである。

特色編集

 
ショーの様子は、だいたいこんな感じ。

ビーチバレーでは空気圧を30%程落としたバレーボールや、ビーチで浮き輪がわりにされる小型のバルーンボールを使用する。これによりボールの速度は著しく下がり、容易に目で追えるようになる。更に体育館などではなく、名前の通りにビーチの砂浜をコートにする事で参加者の動きも大きく鈍り、視認は格段にしやすくなる。明るい野外で行うことで、心理的なイメージをより良いモノにしていく狙いもある。

加えてビーチサイドと言うことでコスチュームを水着に統一。そして女子[2]をメインにすることで、水着姿の女の子がおっぱいを揺らして腰をくねらせ汗を流すという非常に人目を惹くビジュアルになるように考慮されている。

ショーの形式はバレーボールの試合に近いが、チームではなくコンビやトリオでのゲームとなっており、全体の視認性は格段に良い。また見易いように指の腹を使ったフェイントやオーバーハンドレシーブなど、高度な技術はなるべく使用しないようにとルールが制限されている。

そしてショーの間は撮影が公式に許可され、大股開きで転倒した姿やうっかりおっぱいが溢れた姿など、サービスショットが数多く週刊誌等に掲載された。もちろんこれはバレーボール振興の為であり、国際バレーボール連盟も参加者のセクシーショットを容認している。

脚注編集

  1. ^ 学校の部活動のように、未経験者は「基礎技能がない人間は足手まとい」「教えなければ分からないなら、教えても分からない」と嫌がられる。
  2. ^ 真性アスリートよりもグラビアアイドルなど、スポーツに縁のない文化系の若者にも親しみやすいタイプが多い。

関連項目編集


  この項目「ビーチバレー」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)