メインメニューを開く

Uncyclopedia β

ハンス・アクセル・フォン・フェルセン

フェルゼンから転送)
「ああ、私もフェルゼン様とともに華やかに激しく生きたかった」
ハンス・アクセル・フォン・フェルセン について、オスカー・ワイルド
「あなたはベルサイユにいらっしゃらなくても結構ですわよ」
ハンス・アクセル・フォン・フェルセン について、ポリニャック伯爵夫人
「逢引は文化だ」
逢引 について、石田純一

ハンス・アクセル・フォン・フェルゼン(Hans Axel dy von Fersen, 1755年9月4日 - 1810年6月20日 スウェーデン)伯爵、その完璧なまでの中途半端さゆえにフランス革命の原因となり、フランスを近代化に導いた。

目次

概要編集

マリーアントワネットの臣下で愛人であり、逢引をこよなく愛するバイセクシャルでもある。想いとは裏腹に全く行動を起こさない上、優柔不断故に何をしても全て裏目に出てしまう筋金入りの中途半端だが、マリーとの逢引を欠かすことは無い。その中途半端さは歴史をフランス革命に導いたほどで、ある意味フランス近代化の礎を築いた立役者であるといえよう。その波乱に満ちた生涯はオスカー・ワイルド著「ベルサイユの薔薇~禁断の花園~」に記されている。

功績編集

  • マリーアントワネットへの思いを断ち切るためにアメリカに出兵するが、その間にマリーはポリニャック伯爵婦人らにたぶらかされてフォースの韓国面に落ちる。
  • アメリカから戻り、思いを断ち切ったはずなのにマリーとの深夜の逢引を繰り返す
  • ルイ15世が崩御し、マリーが女王に即位するが、それでもかまわず逢引を繰り返す
  • マリーの放蕩ぶりをいさめようともせず逢引を繰り返す
  • マリーに子供が生まれても意に介さず逢引を繰り返す
  • パパラッチにすっぱ抜かれても危機感を抱かずに逢引を繰り返す
  • マリーが騙され、危機に陥っても助けようともせず逢引を繰り返す
  • 首飾り事件の時も特に気にせず逢引を繰り返す
  • 夜警に見つかりそうになるが、その後も逢引を繰り返す
  • フランスの情勢がきな臭くなり、自身の危険を感じると逢引をやめる
  • 革命のため、マリーと国王一家がパリに幽閉され、かなりの期間が過ぎてからやっとマリーを救うことを決意する。
  • 幽閉されたマリー一家を隣国へ逃がそうとするも、中途半端な作戦と決断の遅きに失し、逆に窮地に追い込むこととなる。
  • マリーが処刑される直前にもう一度逢引したいという一念でこっそりマリーの元を訪れる。

薔薇園の契り編集

マリーの臣下に着任した際ベルサイユ宮殿の薔薇園で、同僚であったオスカル(雄狩)とその奴隷であるアンドレ兄弟の契りを交わす。これが有名な薔薇園の契りである。

この三人はマリーアントワネットに最も近い立場にいながら大局観を全く持たず、身内のごたごたや色恋にかまけているうちにいつの間にか革命が始まっていたという役立たずであるが、それが結局フランスの近代化につながったということで評価されている。

関連書籍編集

オスカー・ワイルド著 フェルゼン伯の活躍を中心に当時のベルサイユの様子を耽美に描いた同性愛者向け恋愛小説
池田理代子著 オスカーワイルドの著書を大胆に修正した少女漫画。オスカルが主人公で女性として描かれる、同性愛描写を大幅に削除するなど、オスカーワイルドのファンからは原作レイプとして名高いが、一般的な評価は高い。

関連項目編集