メインメニューを開く

Uncyclopedia β

プルースト現象

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「プルースト現象」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

プルースト現象( - げんしょう)とは、味覚や嗅覚への刺激によって催眠術にかかってしまうこと。フランス人作家マルセル・プルーストにちなんで名付けられた。プルースト効果と呼ばれることもある。

概要編集

プルーストの代表作「失われた時を求めて」は、1913年から1927年にかけて出版されたSFサスペンス小説。主人公はもともとフランス外人部隊に所属する最強の暗殺者であったのだが、とある大物政治家を始末したことでヨーロッパ全土を巻き込む国際的な陰謀の犠牲となり、ついには洗脳によってエピソード記憶を封印されてしまった。記憶を失くし廃人同然となった主人公がマドレーヌを紅茶に浸し、その香りが引き金となって奪われた記憶を取り戻し復讐を果たす、というのが大まかなストーリーである。

紅茶に浸したマドレーヌの匂いが、記憶を取り戻すためのきっかけだったわけであるが、それではどのようにして匂いが退行催眠として機能したのか。この疑問については、以下のような仮説が提唱されている。

  • 記憶を失くす前の主人公は紅茶中毒患者だった
  • 紅茶に含まれるDHMOが、なんだかよくわからない効果をもたらした
  • は不思議な器官だから、匂いとか関係なくそういうこともたまには起こるのだろう
  • 洗脳された時点で、そういう条件づけがされていた

もっとも、上記の仮説は「きっかけになったのは、紅茶じゃなくてマドレーヌの方だったんじゃね?」という異論に満足できる解答を与えられておらず、必ずしも有力視はされていない。

応用編集

匂いが記憶を想起させる退行催眠の役目を果たすのならば、古典的条件づけ(パブロフ型条件づけ)の要領で、通常の催眠術にも応用できるはずである。実際、嗅覚を刺激しての催眠は、他の感覚器からの刺激よりもずっと強烈な暗示をかけられることが明らかになっている。そのため、現在では世界中の催眠術師たちが調香師になるべく猛勉強している。

しかし残念なことに、こうした技術を悪用しようと目論む輩は後を断たない。本屋や図書館に入るとトイレに行きたくなる、帰り道にカレーの匂いを嗅ぐと自分の家の晩ご飯が気になる、ココアを飲むとおふくろを思い出す、などといった被害も出ており、各国の警察当局は頭を悩ませている。

一方では、テスト前の学生や受験生が切羽詰った末にプルースト現象に頼っているらしい、との報告もある。テスト中の教室に漂っているであろう匂いを家でも嗅ぎながら勉強に励むわけである。匂いの例としては鉛筆やシャーペンの芯、消しゴム、制服、机などが挙げられる。しかし、これらは通常授業の教室にも充溢している類のものであるため、授業なんか上の空で教科書にやっちゃった落書きや、テストとは関係ない教師の雑談ばかりを思い出してしまうことが多い。結局は実力を出し切れず失敗する傾向にあるのだという。

関連項目編集

  え、えーと…この項目って本当にプルースト現象であってたっけ?
ちょ、ちょっとぉ! シカトしてないで教えてよ! (Portal:スタブ)