メインメニューを開く

Uncyclopedia β

ベンゼンの構造。6つのHが性的興奮を高める。

ベンゼン(benzene)、またはベンゼン環( -かん)はドイツの化学者ケクレにより考案されたオナホールの一種である。

目次

ベンゼンの特徴編集

 
ベンゼンの3D構造
強い性感作用
ベンゼンの構造は大変シンプルな正六角形の環状構造で、挿入口の面積は通常のオナホールよりもはるかに小さい。このため性器に強い締め付けを与えることができ、使用者の性的快感を増幅させる。
高い経済性
ベンゼンは石油から容易に生産され、安価なオナホールとして広く流通している。(このため、オイルショック時にはアダルトショップなどにベンゼンを買い求める人が殺到した。)また元より油状であるため、ローションが不要である。
広い応用性
ベンゼンはその単純な構造ゆえ応用範囲が非常に広く、ベンゼン環を基本構造とした様々な亜種が存在する(後述)。この亜種はよい香りがするため総称して芳香族炭化水素(ほうこうぞくたんかすいそ)と呼ばれる。

ベンゼンの使用方法編集

使用者はベンゼンの環状構造内に性器を出し入れすることで性的快感を得られる。(より詳しい方法はオナホールを参照。)ベンゼン環を基本構造とする様々なオナホールの使用法は、これに順ずるものが多い。

ベンゼンの亜種編集

フェノール編集

名前はフェラチオのような快感を得られることに由来する。ベンゼンの締め付けがきつ過ぎると感じる利用者に好まれている。

トリニトロトルエン(TNT)編集

使用者に爆発的な性的快感を与える。各国軍隊で正式採用されているオナホールであるが、個人利用には厚生省の許可が必要。

ナフタレン編集

ベンゼン環が2つ連なった構造をしている。このため2人での使用が可能である。

ビフェニル編集

単結合でベンゼン環が連なった構造。45°のねじれが最高。

ギャラリー編集

関連項目編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ベンゼン」の項目を執筆しています。