メインメニューを開く

Uncyclopedia β

ヤマザキ春のパンまつり

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヤマザキ春のパンまつり」の項目を執筆しています。

ヤマザキ春のパンまつり(やまざきはるのぱんまつり)は、山崎製パンが毎年春に幕張メッセで開催する祭りのことである。

目次

概要編集

当初は幕張メッセで行われるような祭りではなく、パンを買ってシールを集めたら白いお皿がもらえる、といういわゆる販売促進企画だった。しかしその祭りが認知されるにつれて、パンまつりは熱気を帯びるようになってくる。どれだけ白いお皿がもらえるか競い合う者もいれば、白いお皿を集めてシールを貰う者まで出てきた。

「これほどの熱狂的なファンがいれば何かが出来るのではないか」と考えた山崎製パンは、2003年に幕張メッセで「ヤマザキ春のパンまつり」を開催することにした。山崎製パンの社員の中には「絶対に失敗する」「金の無駄遣い」と実際の祭り開催を批判する声もあった。しかしパンまつりは1日で10万人を動員し、大成功となった。これより、ヤマザキ春のパンまつりは毎年春に開催されるようになった。

内容編集

ヤマザキ春のパンLIVE

ヤマザキのパンのCMソングをDJ TAKAKOが披露。ノリノリのEDMに会場が縦に揺れる。ライブの最後は決まって「ヤマザキ春のパンまつり」を会場全員で延々と繰り返し歌う。

ヤマザキ春のパンみこし

パンで出来た神輿を担いで、幕張メッセの中をぐるぐると回り続ける。担いでる時の掛け声は「ヤマザキ!春の」「パンまつり!」。

ヤマザキ春のパン屋台

幕張メッセの中にいくつもの屋台が立ち並ぶ。当然ながら、パンしか売っていない。

ヤマザキ春のパンすくい

金魚すくいの要領で、に浸かったパンをすくう。パンは完全にふやけている。

ヤマザキ春のパン花火

夜空に花火が上がって、どの花火も「パン!」と鳴る。パンとの繋がりが薄すぎるのでファンからは不評。

ヤマザキ春のパンダ

2012年に1度だけ会場にパンダを呼んだ。しかし、パンダがパンではなく笹を食べていたため大バッシングを受けた。

事件編集

2009年に会場からパンを盗む者が現れた(いわゆるパン泥棒)。犯人は自転車で逃走したが、祭りの係員が所持していた拳銃で「パン!」と撃ったら見事に自転車パンクし、無事に逮捕となった。自転車を全力で漕いだために、犯人の足はパンパンになっていたそうだ。

関連項目編集


この項目「ヤマザキ春のパンまつり」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)