メインメニューを開く

Uncyclopedia β

ユリ・サカザキ

カメラ目線のユリ・サカザキ(『龍虎の拳2』)。

ユリ・サカザキ(Yuri Sakazaki)は、SNKエロゲ対戦型格闘ゲーム『龍虎の拳』シリーズ、『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズなどに登場する変態にして露出狂

目次

龍虎の拳(初代)編集

 
ありし日のユリ(『龍虎の拳(初代)』)。非道な兄にアーン♥♥を強いられているのか?

主人公(リョウ・サカザキ)の妹として登場する。この時は、いわゆる「捕らわれのヒロイン」のポジションであり、奇異な点は見られない。むしろ、特徴がないので、説明に窮するぐらいである(出番もほとんどない)。

本作のストーリーモードで登場する8人の敵キャラクターで彼女の名前を覚えていたのはキング(プレイヤー勝利時に判明)とMr.BIG(プレイヤー敗北時に判明)のみである。つまり、この2人がユリ誘拐に直接係わっている事実が判明する。

なお、スーパーファミコン版の本作では彼女の誘拐事件に(続編ではオミットされたが)Mr.BIGの上司であるギース・ハワードも係わっていた。もし、この路線で続編が制作されたら彼女の性格は本作とほとんど変わらないか少々はっちゃけた程度ですんだであろう。

リョウでクリアした際の台詞、それにBGM集での該当ステージBGMのタイトルから、親子関係逆転の疑惑が持ち上がった。初代でネタになったのはそれくらいである。

龍虎の拳2編集

 
兄に剥かれるユリ(『龍虎の拳2』)

プレイヤーキャラクターとして登場。ゲーム中では一年(現実世界では二年)しか経っていないにも関わらず、ほぼ別人と化している。父(タクマ・サカザキ)の編み出した極限流空手を会得し、他のキャラクターと五分に渡り合う姿は、とても同一人物とは思えない。ハッキリ「別人」と言い切ってくれた方がスッキリする。

空手の会得のみならず、性格も一変しており(というか、前作では、ほとんど個性が出ていなかった)、対戦前のデモ画面では相手を茶化しまくる上に、勝っても負けても脱ぐあたりが…ソレ何てエロゲームなの!?

そしてOPデモでの扱いといい、一人だけ個別の勝利メッセージが用意されている点といい、本作の事実上の主人公は彼女なのは明白なのだが、当時のSNKはこれを認めようとしなかった。

露出狂一家編集

 
キングとユリ・サカザキ。その名の通り百合なのか?(『龍虎の拳2』)

ユリのみならず、本作のキャラクターは必殺技でKOされると、衣装の一部が破壊される。いわゆる脱衣KOである。

しかし、極限流の親子三人は、さらに露出癖がある。

父親のタクマは、戦闘時は上半身ハダカ(誰がターゲットなんだろう…?)。
リョウは、パーフェクトで勝利すると片肌を脱ぐ。
ユリは、パーフェクトで勝利すると、自ら帯を外し、道着をはだける。

パーフェクト勝利には、特別なポーズが設定されているので、リョウは判らなくもないのだが…ユリは一体、どうなってしまったのか?(名前の通り百合なのか?)

アブダクション説編集

『龍虎の拳(初代)』でユリを拉致したのはMr.ビッグである。実は彼はエイリアンであり、ユリは洗脳されたのではないだろうか!?そうでも考えないと、納得がいかないのだが…。

ART OF FIGHTING 龍虎の拳外伝編集

プレイヤーキャラクターとしては登場せず。やはり『~2』での変貌ぶりが多くの龍虎(初代)FANにSNKに対してクレームを入れまくったようである。しかしデモ画面で虎煌拳を飛ばすことが出来るので、もはや初代の頃のユリではない。

リョウのストーリーでは王覚山のペットのペリカンを可愛がろうとするが王にイジメっ子と間違えられたり、シンクレアに怪我させられるなど散々な目にあっている。しかし、ロバートのストーリーでは終盤でロバートを助けている。

ザ・キング・オブ・ファイターズ編集

『龍虎の拳2』がベースなので、彼女とキングの脱衣KOあり(第2弾の『THE KING OF FIGHTERS '95』まで)。

『龍虎の拳2』から既に兆候は現れていたが、パロディインスパイアを口実に、言動や技がどんどんイジられて、ついには本当のイロモノに…。サービスじゃねー!

『XII』のみ欠場しているが、『XIII』ではショートヘアになって復帰している(ついでに脱衣KOも復活)。

浜崎あゆみ編集

アニメ版『バトルスピリッツ龍虎の拳』では浜崎あゆみが声優を担当しているが、DVD化の際なかったことに。なお、実写版のCMでも、ユリ役で登場している。

火引弾編集

ストリートファイターZERO』シリーズを初出とする火引弾(ヒビキ・ダン)は露出癖がないもののユリを真似している。
:「余裕っち!」→「余裕っす!」
また彼の父はMr.カラテことタクマ・サカザキを真似ているとか?

関連項目編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ユリ・サカザキ」の項目を執筆しています。


  ユリ・サカザキいじられると …く…なるぅ… うぁぁ..
んあっ!! んあおっ!! もっ....とぉ、いっいじてぇっ!!
ばんじゃいっばんじゃい゙っぱゃんに゙ゃんじゃんじゃいぃぃっ!! (Portal:スタブ)