メインメニューを開く

Uncyclopedia β

この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情錆びないユーモアが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レジストリ」の項目を執筆しています。

レジストリとは、Windows目パソコン科の鳥。世界中で目撃例が報告されているが、写真に収めた者は一人もいないとしてトレジャーハンターが躍起になって今日も世界中を飛び回って探している。ひよこ陛下の親戚ともされる。

目次

概要編集

生息地は明らかにされていないが、パソコン内に少数生息していると証言する科学者もいる。 しかし、日常でよく目にするいろんなところにいるとも考えられる。

レジストリの仲間編集

ひよこ陛下のほかにも仲間はいる。たとえば、Windows目パソコン科ツール亜目のシステムツールや、ちょっと遠縁だがC++なども仲間に入る。

レジストリによる被害状況編集

年々被害が増える傾向にあり注意が必要である。 レジストリは、あなたのパソコンの侵略を常に図っている。

レジストリからパソコンを守る方法編集

パソコンを使わないのが一番である。
パソコンのそばに寄らないのが一番である。
パソコンをやめて外で遊ぶのが一番である。
やはりパソコンは買わず、貰わず、欲しがらずの三原則が一番である。
このようにたくさんの一番があるのでパソコンとは大変便利なものと言えよう。

レジストリエディタ編集

レジストリエディタとは、鳥の一種で主にパソコン内に生息する絶滅危機種である。 主にパソコン内のプログラムを管理している。 ヘタに扱うと驚いて逃げて行ってしまい、パソコンが使えなくなってしまう。 レジストリエディタを見ることは、簡単であるが危険である。 「スタート」の中の「プログラム」の「アクセサリ」の「コマンド プロンプト」あるいは「MS-DOSプロンプト」を開いて、 regeditとコマンドをうち、ENTERを押せば開くことが可能だが、それによってパソコンが壊れてもしらないよ。

仮に壊してもいいパソコンがあれば、焼き鳥にするなり鶏肉にするなりすればいいよ。


サポセンでの利用法編集

WIN98頃のサポセンは、ユーザーからの面倒な電話に飽きてくると「じゃあ仕方がないのでこれからレジストリをいじります」と宣言し、「いいですか、慎重に操作してくださいね。万が一の場合、元に戻せなくなりますがよろしいですか?」、「こちらとしてはお勧めしていませんが、よろしいんですね?」など脅しの言葉を並べ、ユーザーを恐怖のどん底に落としたものである。これで8割方のユーザーはあきらめて新しいパソコンに買い換えたが、残るユーザーは決して戻れない死のロードを進む事になり、その行方もわからない。WIN98やMeあたりからパソコンを始めた人にとっては、トラウマとも言える鳥である。

まとめ編集

レジストリは、危険である。 あなたのパソコンは、常に狙われている。 気を抜くとあなたのパソコンは、レジストリに支配される。 だから常に気をつけるべし。

外部リンク編集

この項目「レジストリ」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)