メインメニューを開く

Uncyclopedia β

レモンジーナ

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「レモンジーナ」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

レモンジーナ(-)とは、日本で爆発的な人気を博すサントリーが販売する微炭酸飲料である。発売直後から売れまくり、一時売れすぎて生産が追いつかないということで生産を中止していたが再開し、以降レモン系炭酸飲料のお株をCCレモンから奪い取った。フランスの国民的炭酸飲料・オランジーナの姉妹作で、オランジーナがフランスならレモンジーナを日本の国民的炭酸飲料だという声もある。[不要出典]

概要編集

 
発売直後からバカ売れ

2012年にフランスでコカ・コーラ以上に人気を博していた大人気の「オランジーナ」を2009年に製造元を買収していたサントリーが12年に日本向けに改良し発売すると当初の予定を4.5倍も上回るほどの人気となり、その後も缶と420mlペットボトルだけの発売だったのが瓶や1.2lも発売となる大躍進を遂げ、その人気を受けてサントリーが第二の矢として2015年に発売したのが何を隠そうこのレモンジーナである。

発売前からネット上などでは期待の声が渦巻き、3月中旬にはオランジーナを買うとセットで160mlながら試供品がつけられることとなる。そして順調に3月31日に発売すると2日間で125万本も出荷するほど大人気となり4月2日に「安定供給ができない」と出荷を停止。ネット上ではサントリーに対し「早く売れよ」と非難の嵐が吹き付け、5月中旬に出荷を再開、瞬く間に売れ、CCレモンが店頭から消えるほどの大人気商品となった。

なお同年4月には「南アルプスの天然水」のヨーグルト風味が発売され、こちらも人気となりこれまた同じく「安定供給ができない」との理由で出荷が停止され、サントリーは大人気商品を二連発で発売したこととなる。

評判編集

消費者からは「レモンもきつくなくおいしい」「炭酸が少なくて飲みやすい」「レモンの味がしない」(=飲みやすい)といった評判を聞くことができる。また、高齢者からは「の味がして少年時代を思い出させてくれる味」「これを飲むと戦争のころ土を食べた思い出がよみがえってきて涙が出てくる」「収穫した野菜を洗わずに食べた時の味。保存料とかを使わなかった昔を思い出す」といったレトロな味だと評判だ。

関連項目編集


この項目「レモンジーナ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)