メインメニューを開く

Uncyclopedia β

三菱・アスパイア

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三菱・アスパイア」の項目を執筆しています。

アスパイアは過去に三菱自動車が製造・販売していた中級セダン。とりわけトヨタ・マークⅡホンダ・アコードなどがライバルになりうる車。騒音おばさんの愛称で親しまれるR&B歌手のmiyoco氏の愛車としても有名。三菱カープラザの販売網をギャラン店に統一したために消滅してしまった車種。

目次

概要編集

 
ご覧の通りアスパイア

1998年発売。ギャランの姉妹車として誕生。しかしよくできた姉の影に隠れてしまい、存在感薄な車種となった。また、当車の先代であるカリスマの後継だが、カリスマという車自体も存在感が薄い。ギャランとの違いはライトのデザイン、三菱エンブレムが赤色になっていることなど。三菱リコール隠しの影響もあってか三菱の新車は売れなくなり、特に存在感の薄いアスパイアの販売は難攻した。

歴史編集

  • 1998年8月26日 - 販売開始。4G93 1800cc ツインカム GDIエンジンを全車に搭載。
  • 2000年5月29日 - マイナーチェンジ。全車 4G94 2000cc ツインカム GDIエンジンへ変更。
  • 2002年9月4日 - マイナーチェンジ。
  • 2003年3月未明 - 三菱カープラザの販売網をギャラン店に統合したため販売終了。

miyoco 氏とこの車の関係編集

騒音おばさん及び引越しおばさんの愛称で親しまれるヒップホップ及びR&B歌手のmiyoco氏は、自宅を中心としたライブで布団叩きとラジカセを併用した独創的な演奏をみせるが、時に自身の愛車アスパイアで会場周辺を走りながらクラクション(楽器)を鳴らしリズムを刻むなどしてmiyoco氏が注目されると同時にこのアスパイアも注目された。miyoco氏のクラクション演奏に魅せられたファンはアスパイアを求めて中古車販売店に殺到。しかしアスパイアは人気薄な車だったので中古のタマ数が少なく(上述)中古車市場は混乱した。また、「miyocoさんと同じ型のアスパイアをもう一度生産してくれないか」と三菱自動車工業本社に迫るツワモノのファンも存在した。

関連項目編集

  この「三菱・アスパイア」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)