曖昧さ回避 この項目では、JR東日本東京地下鉄の上野駅について記述しているばい! 京成電鉄の駅につ・い・て・は「京成上野駅」をCHECK IT OUT!! はい!!!


上野駅(うえのえき)とは、東京都台東区にある日本を代表する始発駅終着駅であるであった。最近は品川君によって存在感を奪われている。

概要編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「上野駅」の項目を執筆しています。
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「上野駅」の項目を執筆しています。

上野駅を通る路線は、東北本線日比谷線銀座線だけである。少ないように思えるかもしれないが、実際にこれだけしかない。山手線とか京浜東北線常磐線高崎線宇都宮線上野東京ライン東北新幹線上越新幹線北陸新幹線(長野経由)なんてのがこの駅を通っていると思い込んでいる人が多いが、それは彼らの頭が単に疲れているだけであり、彼らは終着駅のイメージに惑わされて幻覚を見ているのである。

歴史編集

日本鉄道が明治の半ば、東北地方へ江戸時代となっても潜むと恐れられていた怪物を征伐すべく東京から路線を敷設した際、江戸城から鬼門の方角に当たるここ上野の地に起点駅を設置し、現在に至っている。これは神田明神上野寛永寺の力を借りてお払いをし、怪物の気が帝都東京に入り込まないよう政府から圧力工作(日本鉄道は半官半民、今でいう第3セクターだった)がかけられたからだと言われているが、真偽は定かでない。

しかしそのせいで、東京のほかの地にあったターミナル駅の飯田町駅両国駅新橋駅などが昭和中期までに東京駅新宿駅へ機能を統合されて衰退する中、上野駅はその怪物と神気がぶつかり合う地として、安易に場所を動かすと東京に厄難が訪れかねないとして、東京駅への統合を免れてきた。

おまけに東京に発着する東海道本線担当の職員はプライドが無駄に高く、東北本線などを田舎へ向かう路線だとして馬鹿にしていた節があり、その内部対立も影響して昭和末に至るまで、上野駅は東北や北陸へ向かうターミナルとして君臨し続けたのである。

衰退に至った経緯編集

東北新幹線が1985年に上野の地下にシェルターを設けて開業したものの、いつまでも東北の気を恐れていてはいかんだろうという声が次第に高まり、試しに東北・上越新幹線の一部列車を東京駅まで乗り入れさせてみようという話が持ち上がった。

ところがトンネルを掘り進めていったところ、御徒町駅付近で地上の道路が突如として陥没、車や人が巻き込まれる大惨事となってしまった。これは怪物の祟りではないかという懸念が広がり、工事の中止も検討されたものの、結局工事は続行され1991年に開業を迎えた。開業後は何も起こらなかったことから、既に東北の気は消滅していたのだということが明らかになってしまい、上野の地位を守る意味がなくなったため国鉄から転じたJRは保護を止めてしまった。

結果、上野駅を発着していた列車の一部は湘南新宿ラインの開業で新宿駅・横浜駅方面へ逃げて行き、残った列車も大半が上野東京ラインの開業でここ上野駅を素通りして、東京駅や横浜駅方面へ逃げ出すこととなってしまった。今やこの駅を始点とする列車は、上野東京ラインに入れてもらえない一部のかわいそうなお友達だけである。

しかし最近、駅が天空の城になり始めていることが発覚し、国とお相撲さんたち、ついでにJRが対応に乗り出していると言われている

上野迷宮編集

上野駅を通るJR線は東北本線だけにもかかわらず、この駅はかなり迷宮に見える造りをしていることで有名である。それというのも昔、東北から来る客は全てこの上野駅に集まるように列車を設定していた名残で、今となっては無駄以外の何者でもないのだが、いわば迷宮の遺跡として一部(18番線)は撤去されたものの残存している。 が、最近では京成上野駅勝手に連携することにより、かつての栄光を少しは取り戻しつつある。

かつて、13番ホーム近くにあったトイレはハッテン場として有名であり、その手の人たち新しい世界に目覚めたい人たちで賑わっていた。また、13番ホームで夜行列車を独りで撮影していると、顕正会の信者が鉄道ファンを装って声をかけてくる事もあり、声かけに応じると個人情報を交換させられ、ファミレスなどに呼び出され、仲間と共に入信を強要される…という事例もあったという。

しかし2016年、死季島の発着ホーム整備に伴い、このハッテン場は跡形もなく消し去られてしまった。それ以降は13番線のみならず、別のホームで一般の特急列車を撮影していても被害に遭うことがある。

  この「上野駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)