メインメニューを開く

Uncyclopedia β

中国弁

中国弁(ちゅうごくべん)とは、中華人民共和国広島県において一般的に使用されていた方言である。大日本帝国の統治により日本語の影響を多く受け、文化大革命期に県ごと中国共産党粛清されたため、現在において中国弁のネイティブスピーカーは日本国内にただ1人残すのみとなってしまった。しかし、日本語の影響を多大に受けた故の親しみやすさから日本人の間で中国人のモチーフとして中国弁がよく使われている。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「中国弁」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

目次

伝来編集

中国弁が日本に伝来して広まったのは、現代において唯一のネイティブスピーカーとなった奇術師が日本に亡命し、文化保存のためテレビ番組で積極的に使用したことから次第に普及し、日本人の間で「中国人=中国弁」の認識が広まり、中国人のモチーフとしてモノマネやショウなどで中国弁が使用されている。

言語体系編集

中国弁は中国語の方言ではあるが、その言語体系や文法はほぼ日本語と同じである。しかし、撥音や長音をあまり使用しない、接続語を省略するする、独特のアクセントを持つ、通常の文法では語尾にARUYO(アルヨをつけるなど、一部の文法と発音には本来の中国語の名残があるとされている。

例)

WATASHI SYUSHINN-HA CHUGOKU-HA HIROSHIMA ARUYO (ワタシ シュシンハ チュゴクハ ヒロシマ アルヨ 訳:私は中華人民共和国の広島県出身です。)
DAMASARERUNO ITSUMO OKYAKU-SAN (ダマサレルノ イツモ オキャクサン 訳:いつも騙されるのはお客さんです。)

関連項目編集

外部リンク編集