メインメニューを開く

Uncyclopedia β

何で

「(兄)『ちょっと!』
(弟)『ちょっと!』
(兄&弟)『ちょっとちょっと!』」
何で について、ザ・たっち

何で(なん - )とは、相の話題の真偽を探る際に用いられる悪魔呪文である。類似するものとしてちょっとがある。

目次

影響編集

今、ちょっとほどではないが芸能界でこの呪文が大流行している。残念ながらちょっととは異なり、外では流行していない。唱える人物はやはり「ザ・たっち」。
二人の区別が付かないことで有名である。(この場合の何での使い方は下記参照。)インパクトがないので流行してはいないが、ちょっとよりも社会的に使うことができる。社会向けだが、上司に使うと目をつけられてしまう。
最近ザブングルなる新鋭が登場。顔が悔しいです。

黒幕編集

この呪文を好む「詰問調」という流派が存在しており、これに属する「ザ・たっち」が広告塔となっている。ロシアに本拠地を置いているため、「詰問調」頭領は金正日総書記ではなくウラジーミル・ウラジーミロビッチ・プーチン大統領で、攻撃的で争いの種となる呪文を普及させようと暗躍している。動機は厳密には不明だが、個人的にこの言葉で子供のころ失敗しているようだ。なお、過去の話は掘り返すととんでもないことになりそうである。

使い方(ザ・たっち)編集

  • 腕を地面に対し垂直にする。それを振り下ろしながら「何で」。腕を元に戻し、二回連続で振り下ろしながら「何で何で」と使い、人々を恐怖のどん底へ突き落とそうとしている。本当にヤバい。使いすぎると、腕がつってしまう恐ろしい呪文である。
  • その他にも、ザ・たっちは「ちょっと、ちょっとちょっと」などという呪文も使う。結構危ない魔法使いかもしれない。でも職業は芸人である。だが、注意したほうがいいことに間違いはない。

使い方(一般People)編集

  1. もう別れよう。
  2. 何で?
  3. え、ほかに好きな人ができたから・・・
  4. 何で?
  5. え・・・好きになっちゃったのはしょうがないだろ
  6. 何で?
  7. 男なんてそんなもんだ
  8. 何で?
  9. ウザいよ。

効果編集

唱えると相手から深い話を聞き込むことができる。しかし、この呪文警察や探偵、記者などには向いていない。突然に向かって何で?何で?言っても「なに言ってんだこいつ、頭おかしいんじゃないのか?」と思われ、上司に怒られ、その腹いせに絶対当たらなさそうな馬券を全財産で買ってそれが見事に的中、仕事をやめて一生遊んで暮らす・・・なんて話は漫画だけなのだから。そして、もう一つに葬られた「相手を不愉快な気持ちにさせる」という効果がある。これは痛い。好きな人には唱えないほうがいい。過去に国家間の戦争を起こした歴史があり、多くの詠唱者がこの効果を否定してきた。これに目を付けたプーチンが積極的に口にすることで故意に復活させ、ザ・たっちを使って日本社会を地獄に叩き落そうとしているわけだ。

結論編集

使ってはいけない。 自分の身のためである。

唱える人物編集

関連項目編集


  この項目「何で」はまだ書きかけということを認める。ソビエトロシアでは、この項目があなたを加筆する!! (Portal:スタブ)