メインメニューを開く

Uncyclopedia β

偽名

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「偽名」の項目を執筆しています。

偽名(ぎめい)とは、ロシア革命家、思想家に大人気だったハンドルネーム。一人で数百個使い分ける猛者もいる。

利用目的編集

使用目的は多岐にわたる。

芸能界では
親からもらった自分の名前が気に入らない場合などに恥を隠す形で使用する、特に、DQNネームという位置づけに当たる名前をつけられた場合、特に裁判で改名することもはばかられるような名前「屋良内科」「発展罵」といった名前などを個人で隠匿する為に使用する。
阿曽山大噴火でんでんなどはこれが極端になりすぎた結果であり、また偽名で知事になるもいる、おそらく長らく名前のことなどで学校でいじめられ続けたので本名を晒すことによってパニックを起こすのだろう。
また、本名をひらがなにしただけの安易な偽名を使う芸人、タレントもいる、言語道断である。
さらに、テリー伊藤といった名前は、親が「国際性が高い名前にしたい」と付けた、DQNネームで、こういった親は日本らしい名前にした方が真の国際的名前になることは気が付いていない。よって「伊藤輝夫」という偽名を使用している、偽名が本名よりインパクトの少ない珍しい例である。
芸能界一眠らない男、みのもんたは「みの」が名字で、「も」がミドルネーム、「た」が名前であるので、本名であることが確認できる。
だが、世界のナベアツのように、インパクトはあってもすぐに忘れられる芸人は名前が悪いのではなく、単に芸が悪いことも覚えておきたい。
そして、細木数子に偽名の改名を勧められて、かえって売れなくなったタレント少なくない
革命家・思想家では
日本でプロバガンダはあまり馴染みが無いために、日本の政治家、革命家の偽名はあまり多くなかった
おそらく「鋼鉄の人」なんていう現在で言うところの中二病バリバリな名前を本名だと思う者はその国の言語が理解できればいないだろう。
特に、スターリンの本名は無駄に濁点が多く、覚えられたものではない。
またレーニンピッケルで頭を打ち砕かれた人物も、偽名である、彼らはよほど自分の名前を覚えてもらう自信が無かったのであろう。肖像がやたらとTシャツの柄になっている人物も本来の意味は「やぁ」という挨拶だ(挨拶と自己紹介が一言で済む)。
ちなみに、少々横道にずれるが、日本の、革命家兼野球選手のイチローは本名である。
角界では
力士兼、サッカープレイヤーの朝青龍、この名は世をしのぶ仮の名で、裏での通り名、つまりコードネームは「ドルゴルスレン・ダグワドルジ」である、本名はモンゴルを飛び出したときに捨てた模様。
アンサイクロペディアでは
荒らし多重アカウンターなどは今でもアンサイクロペディアで猛威を振るっている。

Googleの検索において編集

現在は修正されている模様だが、2009年10月21日18:00には偽名=日大文理学部であった。

関連項目編集