メインメニューを開く

Uncyclopedia β

光学兵器

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「光学兵器」の項目を執筆しています。

光学兵器(こうがくへいき)とは電子、メガ粒子、荷電粒子、光子などのエネルギーを用いたり、集めて撃ちだしたりする兵器のこと。を用いた兵器として光学迷彩などがあるが、本項目では「光を打ち出す兵器」について説明する。

目次

歴史編集

現在、使われている光学兵器の先祖は古代中国において提唱された新兵器研究計画において奇天烈な兵器「光を打ち出す弓」なるものが原型である。その「光を打ち出す弓」とは光を矢の代わりにして敵軍に打ち出すものである。まぁ、普通に火矢を射ても十分光を打ち出すことになるが、そこらへんは気にするな。なお、同じようにローマ帝国時代にも、シラクサの変人、アルキメデスによっても光学兵器は研究されており、の集光作用を利用した兵器は、ローマの軍船を見事に焼き払ったとされる。しかし、そんな危険な兵器を後の時代まで伝わらせてはいけないと感じた一兵士によって、アルキメデスは殺害されてしまったため、光学兵器はある意味伝説的なものとなってしまう。しかし、その後も様々な研究者たちがその伝説をもとに光学兵器を制作したと言われている。実際、一年戦争後期のソロモン攻略において、連邦軍がソロモン要塞攻略時に「ソーラーシステム」なる集光兵器を使用。アルキメデスのアイディアが正しかったことを証明した。[1]

ウィキペディアンや厨2病のアフォどもにもわかりやすい説明編集

よーするに早い話、一番早い光を使った兵器じゃぼけえ。

しかし。

これの前では厨2病設定も一瞬で消えさる・・・とはどうしても言えないのは以下に述べる設定による。

ごく当たり前の話編集

とは一秒間に地球を7週半するスピードを持つため、基本的に光学兵器に狙われたら、スイッチを押した段階で照準に入っている物体に確実に当たるのが常識であるのだが、残念ながら物語性というたわけたシステムは、光よりもゴルゴのはなった弾丸のほうに必中性を付与してしまうのである。もっとも、実際に当たるんだから仕方がない。ゴルゴ以外にも、シモ・ヘイヘ那須与一ウィリアム・テルといった人外については、確実に光学兵器よりも必中性が高い。

命中性ではなく、必中性であるところにご注意いただきたい。

どんなものに使われてるの?編集

あと、白い冥王の魔砲も光学兵器らしいぞ。

脚注編集

  1. ^ 民明書房刊「日本猿でもわかる光学兵器のいろは」78ページより引用。

関連項目編集