メインメニューを開く

Uncyclopedia β

冗談抜きで

おしらせ
ゲシュタルト崩壊の危険性
冗談抜きでこの記事はゲシュタルト崩壊を起こす可能性があります!冗談抜きで遺伝子工学の権威、ひよこ陛下殿が身をもって確認しました!!
目に自信がない方、見るのを冗談抜きで止めといたがいいとのことです!!!でも、冗談抜きで意外に耐えられることが多いそうなので、見てみなさい、とのことでした。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「冗談抜きで」については冗談抜きで執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、冗談抜きで我らの誇りです。

冗談抜きで(じょうだんぬ-)とは、文の最初につけることであたかもそれが本当のことであるかのように見せられる魔法の言葉のこと。黒づくめの組織893などがよく使う。

目次

冗談抜きで概要編集

冗談抜きで言うが、冗談抜きではまじめな話に使われる。使うと本当のことしか話せず冗談抜きで使いづらい。また冗談抜きでは最後に「うそに決まってんじゃん、何信じてんの(笑)」など冗談だということを言っても信じてもらえないようにさせる効果もあり、冗談抜きでは冗談抜きで使えないということがよくわかる。

冗談抜きで用法用量編集

冗談抜きで過剰使用は自身も含め迷惑がかかるので絶対にやめてもらいたい。もしも過剰使用した場合、自身の信用の損失、場のしらけ、ウィキペディアンになるなど問題しか発生しない。用量はというと一日一回程度が冗談抜きで適当といったところだろうか。もしそれ以上使用すると冗談抜きでしゃれにならなくなる。(上記のことが起きる)

やはりなんでも用法用量は大事ということだ。

なお一応言っておくがこの冗談抜きでは冗談抜きでドラッグではない。

冗談抜きでよい点編集

冗談抜きでここまで冗談抜きでのことをボロクソ言っていたが一応この冗談抜きでには冗談抜きでいい効果もある。 まず、冗談抜きでほんとのほんとに本当のことしか言わないときにこの冗談抜きでを使えば信じる以外にないので冗談抜きで絶対に信じてもらえる、冗談抜きでそう信じている。

また、冗談抜きでは倒置法のように最後に置くと冗談抜きでいくらかその意味が弱まるという、ここ冗談抜きでいってんだからな。

さらに、冗談抜きでは冗談抜きで冗談を抜くので真面目であることをアピールすることが冗談抜きでできる。

が、冗談抜きではいかんせん使えない言葉なので多用することは冗談抜きでお勧めしない。

冗談抜きで結論編集

冗談抜きでこの冗談抜きでの項目はアンサイクロペディアにあってはいけない。冗談抜きでそう感じる・・・

冗談抜きで関連項目編集