メインメニューを開く

Uncyclopedia β

利用者・トーク:文鉄1999/第34回執筆コンテスト

< 利用者・トーク:文鉄1999

レギュレーションについて編集

  • 加筆記事宣言期間と執筆期間の開始は同じでいい
  • 執筆期間が長すぎる。来週から開始するとすると実質5週間。これは中だるみします。せいぜい4週間です。
  • 加筆記事宣言期間の期限は執筆期限の1週間前ぐらいでいい。最近のコンテストの記事数が少ないのは、宣言期間が短くて、後から参加したくてもできない、ということが主因の一つと思っているため。(個人的には通常時は宣言期間なんて邪魔だと思っています)
  • 採点期間がおかしい。
  • 審査員が3名(2人は少ない)確定できない場合は、「3名採点するまで審査期間延長」でいいのでは。
  • 加筆部門のボーナス点の決まりがありません。こういうのを狙って書く人もいるので、あるのなら早めて提示してください。
  • 全面改稿部門のボーナス点ですが「審査員数×1(2,3)」のほうがいいのでは。(最近では気にすることはないと思うが、審査委員が多くなると影響がなくなってしまう)。
  • 差し戻し規程は太字にしてください(大事な点です)
  • 加筆部門の審査で「これ加筆じゃなくて、全面改稿じゃないの?」という場合は審査をどうするかを書いたほうがいいのでは。
  • {{即時削除}}が貼られた記事の場合は、改稿を議論する間もなく記事そのものが削除されてしまう可能性が高い訳ですが、そのように削除されたのと同名の記事を新たに作るのも、有りでしょうか?--ジャングル赤兵衛 (トーク) 2016年4月15日 (金) 18:40 (JST)
BCDさんにご指摘いただいた点を改善したほか、そのほかの不備を修正し例外事項を追加しました。ほかにお気づきになった点がありましたら、当ノートでご指摘願います。
ジャングル赤兵衛さんのご質問ですが、基本的に記事の復帰を管理者に依頼したうえで、復帰後の記事を改稿していただきたいと思います。履歴の継承という観点及び既存記事の改良を目的としているコンテストであることから、新規記事の作成という形になってしまうのは望ましくないからです。--文鉄1999 (署名補記のすゝめ) 2016年4月15日 (金) 21:50 (JST)
{{即時削除}}を復帰したものの改稿については、議論は無しでやってもよろしいでしょうか?--ジャングル赤兵衛 (トーク) 2016年4月16日 (土) 19:37 (JST)
全面改定で「議論が必要」ってあるけど、議論って結構長くなる場合があるし面倒じゃない?このコンテストに限り議論不要でもいいんじゃないかしら?採点結果次第で差し戻しできるのだから、それが改定議論と言えるわけで--BCD (トーク) 2016年4月16日 (土) 19:58 (JST)
コンテストに出展されていることを理由に記事の削除が妨げられることはないので、コンテストを理由に全面改稿議論を省略するのも望ましくないと考えていました。ご指摘の通り議論に時間がかかるのは確かなので、差し戻し要件を以下に記すようにしたうえで議論の省略を認める方向にしようかと思います。
有効審査の平均点が30点を下回った場合にその編集は差し戻され、30点以上50点以下の場合は差し戻すか否かの議論を当該ページのノートで行ってください。
この要件だと「改稿の競合」という事態を防げないと思われるので、それも含めてご意見をお願いいたします。なお、レギュレーションが早期に確定されなかった場合はコンテストの開始を延期する可能性もあります。
以上を受けてジャングル赤兵衛さんのご質問についてですが、全面改稿議論自体が当コンテストでは廃止される可能性があります。ただ{{即時削除}}が張られた記事の改稿については、現状でも「(全面改稿議論の実施義務への規定について)…この限りではありません。適宜全面改稿議論を行うか否か判断してください。」としているので、基本的には不要だと考えていただければと。--文鉄1999 (署名補記のすゝめ) 2016年4月16日 (土) 22:22 (JST)
個人的にはこの案でいいと思います。全面改稿も加筆同様に事前申請が必要かもしれませんが。--BCD (トーク) 2016年4月16日 (土) 22:27 (JST)
事前申請を全面改稿部門にも導入し、宣言期間を一週間延長しました。明日までに反対意見がないようでしたら、このレギュレーションでコンテストを実施します。--文鉄1999 (署名補記のすゝめ) 2016年4月16日 (土) 22:53 (JST)

自らが執筆した記事の全面改稿編集

私が昔書いた黒歴史記事を改稿したいと思っていますが、このコンテストの規定および趣旨に合いますか?ちなみに反省文です。--.Trashes (ドット) 2016年4月29日 (金) 10:53 (JST)

いいんじゃないすかね。別に制限はないみたいですし。--Ekusuto1(トーク) 2016年4月29日 (金) 11:01 (JST)
想定はしていませんでしたが、コンテストのレギュレーション上特に問題はありません。--文鉄1999 (署名補記のすゝめ) 2016年4月29日 (金) 14:55 (JST)
了解です。GW中に書き上げられたら書き上げます。--.Trashes (ドット) 2016年5月2日 (月) 09:09 (JST)

自ら{{NRV}}を貼った記事の全面改稿編集

前{{NRV}}や{{Fix}}を貼り付けたけど、その後思い直して自分で全面改稿した記事を出展した場合、何か採点上で影響することはあるでしょうか。

あるのなら、何か特別な措置は必要でしょうか。--ニュートラリーノ (トーク) 2016年5月7日 (土) 13:28 (JST)

そういえば私も神代文字に自分でICU貼りましたが、自分で修正しちゃったんですよね…--三叶会話/足跡】 2016年5月7日 (土) 13:46 (JST)

ボーナス点対象のテンプレートの貼付者については規定されていないので、恣意的な貼付でなければ問題ありません。--文鉄1999 (署名補記のすゝめ) 2016年5月8日 (日) 19:14 (JST)

ちょっと提案編集

コンテストお疲れ様でした。今回始めて参加して、銅賞を頂くことができて嬉しいです。

いざ終わってみて思ったのですが、どちらかというとダメな記事をちゃんと読めるレベルに上げようという趣旨で始められた企画なのに、普通の記事より上の質を求めるコンテストで改訂大会を行ったというのは、若干目的がずれているような気がしました。むしろイマイチな記事をどんどん直していくような企画にするのがいいのではないでしょうか。極端に言うと質より数。もちろん質が良いに越したことはありませんが。

例えば、改訂した数を個人単位で競わせるとか、順位付けせずに「みんなでこれだけやりました!」みたいに共同作業的にイベントを開催するとか、とにかく普通のコンテストのようにあんまり質を求めすぎてもダメな記事は減らないと思いますよ。

今回が初参加のユーザーが言うのも野暮ですが、参考にして頂ければ幸いです。--ニュートラリーノ (トーク) 2016年6月17日 (金) 23:30 (JST)

はあ。審査員の一人としては、ちゃんと読める普通の記事レベルのものはそれなりに評価したつもりなんですけどね。それ以下のものも擁護するために、そもそも審査員が不要だった、コンテストの形式で行う必要がなかったってことなんでしょうか。コンテスト以外で記事を書くときにしても、数で攻めるんなら一項目一項目に最低限の質を持たせることができるようになってからのほうがいいと、僕は思うんですけどね~^~^;;。。--ゴッド渋谷 2016年6月18日 (土) 01:18 (JST)
あれ、私の記事って目黒線以外は最低限の質が備わっていますよね。火星は前回より良くなっていると言ってくださいましたし、目黒線も結構気合い入れてましたので未練はないです。結果は結果ですから別に擁護するつもりはないんですけど、管理テンプレが貼られていないのが普通、期限付き修正テンプレが無いのが最低限という捉え方をあなたはしてないということでよろしいのでしょうか?--ニュートラリーノ (トーク) 2016年6月19日 (日) 10:52 (JST)
いえ、べつにニュートラリーノさん個人の技量に関して特にあれこれ言ったつもりじゃないですが、とにかく今回のコンテストでやたらとハードル高く質が求められたということはないと思いますよ。この提案が具体的に何に対しての異議なのかについての疑問も若干ありますが、先の私の意見というのは、今回の出展記事で今後の処遇が問われているような記事が意外に多いという事実はもうちょっと考慮してもいいんじゃないか、っていう意味で書いたものですんで。--ゴッド渋谷 2016年6月19日 (日) 11:19 (JST)
「文鉄1999/第34回執筆コンテスト」の利用者ページに戻る。