メインメニューを開く

Uncyclopedia β

利用者:さるけー/サンドボックス

< 利用者:さるけー
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「利用者:さるけー/サンドボックス」の項目を執筆しています。

「ええか、お笑い芸人ほどしゃべるものはないで。ぼけるときも突っ込むときもしゃべる。滑舌が悪くなったときが芸人の死ぬときや」

〜滑舌について、明石家さんま

 

七人の侍は1954年公開の時代劇コメディである。主演は志村喬、黒沢明監督。

概要編集

志村喬は存在感はあるものの滑舌が悪くくぐもった声しか出せないため、役者として苦悩の日々を送っていた。親友黒澤明は見かねて彼に協力を申し出る。当初は発声トレーニングの講師をつけたが取り付く島もなく、かえって悪化することとなった。そこで発想を変えた天才黒澤。「そうだ、コメディ映画を作ろう!」

あらすじ編集

時は戦国。志村喬扮する島田勘兵衛は腕が立ち兵法も心得た武士であったが、その滑舌の悪さから度重なる敗戦を期す。浪人となった勘兵衛は浪人として放浪の旅に出るが、その滑舌の悪さから様々なトラブルに巻き込まれる。

勘兵衛、悔念の剃髪編集

旅の途中、ある部落で強盗事件と遭遇。勘兵衛は説得を試みるも滑舌の悪さから交渉は失敗。人質の少女が殺害されてしまう結果を招く。勘兵衛は自らの行いを悔い、髪を剃る。この行動に胸を打たれた岡本勝四郎(木村功)は童貞のくせに勘兵衛に弟子入りを申し込んだ。勘兵衛はこれを拒むが滑舌が悪いため断りきれず、やむなく同行させることになる。

ある依頼、仲間を集う編集

一方、野武士の襲撃により一切を奪われた村があった。村の百姓たちはいずれ来るであろう野武士の再襲撃に備え勘兵衛に用心棒を依頼する。勘兵衛らは例によって滑舌の悪さから断りきれず、共に戦う仲間を探すことになる。滑舌の悪さから仲間探しは難航したが、かつての戦友七郎次(加東大介)と出会うことで事態は進展。古女房の通訳によりなんとか仲間を集めることに成功した。

休憩編集














手懐けた猿の活躍編集

村に向かう途中、良家に飼われていた猿(三船敏郎)に遭遇する。滑舌が悪いため言葉が通じず、キビダンゴを与えることで手懐ける。道中猿は川に入って死んだ岩魚を捕まえてきたり、山道を道案内 したりと大活躍。部落に到着した一行は滑舌の悪さから村人との意思疎通ができないのだが、猿の通訳により打ち解けることができた。

休憩編集

 






竹槍の前に野武士は撃沈

終劇編集

勘兵衛:くぉんどぅもむぁとぁ、むぁくぇうぃくさづぁっとぁのぁ。

七郎次:えっ?

勘兵衛:うぃや、くゎったのうぁあぬぉひゅゃくしょうどぅあ。うぁしとぁちでうぁぬあい。

七郎次:えっ?

てーてーててーてーてーてー てててーん