メインメニューを開く

Uncyclopedia β

利用者:オカメ八目/カバ中 (の作り方)

< 利用者:オカメ八目

はい、主催のオカメ八目です。コンベンション開催に当たり一つ目の例として自ら書いております。宜しくお願いいたします。

今回題材とした記事は、2009年5月投稿の『カバ中』です。聞き慣れない単語……というより完全な造語でありますが、私の場合こういう造語で投稿する事が多いです。語感優先で……あと、勉強した縁から科学系の記事が多い傾向です。

一つテーマを決定し、そこから連想したりリサーチしたりした内容を順につなげていく作り方をよくしています。内容が広がり過ぎてバラけないように、なるべく用意したネタは一本の線に並べるようにする、ということがいつも注意している点でしょうか。

点をつないで行く流れで、説明が長くなったりつながりに不自然な点があったりする事はよくありますが、それを何とか解消するのが、大変でもあり、楽しいところでもあると思います。

それでは以下からごらん下さい。

ハジマリ編集

5月半ば、大沖の漫画『はるみねーしょん』を購入、読む。しょうもないダジャレが延々と続く漫画で読む人を選ぶが、私は面白いと思ったよ!

 
ごらんの有様

それはともかく、マンガに限らず本を買った時の常としてカバーをめくる。すると、右の写真のような有り様になったわけで。

裏には4コマ漫画が2つ掲載され(本文自体4コマ漫画だが)、それぞれ“カバーをめくった中(つまりこの『ハズレ』のこと)”と“登場人物紹介”が、マンガには決まって付いてるよね、というネタだった。

なるほど、私に『本を買ったらカバーをめくる』習慣がついたのはいつ頃からか。カバーをめくって白紙だったらがっかりするようになったのはなぜか。

つまり私は、本のカバーの中身に、まんまと引っ掛けられているのではないか? だとしたら、最初にカバーの中身を利用しようと考えた人はすごいではないか! このことを記事にするのはどうだろうか?

というわけで、原案題名『カバーの中身』の執筆は始められた。

……このように記事の題材は、自分の好きなモノから始まる。ポイントは2つだ。

自分はそのモノが、とても、とても大好きだ
仮に物事を批判的に書いてあるマンガ作家の記事があったとしよう。しかし、ではこの記事を書いた人がその者を嫌いなのかというと、決してそうではない。むしろ逆だ。大好きだからこそ、その人の作品を深く知っているし、だからこそ面白い記事を書けるのである。
そのモノを好きな自分を、一歩引いた目で見つめてみる
とは言うものの、好きなだけではただのファンの戯れ言となってしまう。アンサイクロペディアは常に風刺的な観点を忘れずに、冷静にそのモノを見つめることが必要だ。

必要なのは、自分がこれから書こうとしている対象に対する! これに尽きる。

連想編集

『カバーの中身』から連想できることをずらりと並べてみる。いつもは自分で設問を立てて答えを出す方式だ。なお、妄想中に出てくる人物は2人とも同一人物が演じており、理解しやすいように模式化したイメージである。決して筆者の頭の中におにゃのこが住んでいるわけではない。

 
『魔法陣グルグル』4巻
カバーの中身を利用した漫画で印象に残っているのは?
魔法陣グルグルだ。「あ、これスーパーハボキだった」
他には。
とっても!ラッキーマン。「なにも絵がついてね~っ!」
……実際にスキャン画像が用意できればいいかもしれない。
先ほどの『はるみねーしょん』は、「カバーの中身」ではなく「カバーの裏」という表記だったが?
どちらにしよう……しかし、カバーの裏とは、そのまま考えればカバー自体の裏のことだろう。申し訳ないが、カバーの裏はこの場合“誤用”ということにする。
「カバーの中身」というのは、記事タイトルとしては少々不恰好ではないか?
なら、名前を変えよう。省略して……「カバ中」あるいは「カバナカ」はどうだろう?
「カバ中」?
駅の中が駅ナカ、デパートの地下がデパ地下、カバーの中身がカバ中。
その…「カバ中」? は、駅ナカとかデパ地下と何か関係があるのか?
大いに関係ある。これらは全て、昔は空きスペースだった所を利用しようとして生み出されたものだ。カバ中は漫画界での駅ナカなのだ。
後付けだろう?
もちろん。
カバーの中身改めカバ中には、どんなものがあるか?
……これは複数回答が必要だ。一節を使うだけの量を作ることが求められる。

調査・素材編集

 
最近のチェック。
しかし運転中に写真を撮るのはやめましょう。

画像は記事を彩る要素として重要だ。出来ることなら用意したい。少しくらいの出費はなんのその……とまでは行かないが、例えばふと見かけた気になるものはチェックしておこう。

今回は目的が決まっているので、出費を決めてブックオフに行くことにする。

カバ中の例として掲載すべく、素材を探しにブックオフへ。先ずは予定していた『魔法陣グルグル』を探す。「スーパーハボキ」のカバ中は第4巻だったのでそれだけを購入。後はそこら中のマンガ本のカバーをめくる作業に入る。店員さんにはとても迷惑がられたに違いない。

 
『探偵儀式1巻』

……30分程探したが、掲載に耐えうる程のカバ中には出会わない。結局、「カバーはモノクロなのにカバ中はカラー」という謎の装丁を持つ『探偵儀式』(清涼院流水大塚英志箸井地図)と、スコラのバーガーSCデラックス(マンガ本なのに岩波文庫に酷似した全作品共通のカバ中をしている)を代表して『火星田マチ子』(吉田 戦車)を購入。315円。これでいいのだ。個性的なカバ中ばかりあっても困る。記事にする場合、これくらいメジャーになっていてむしろ皆が腐食気味になっている方が書きやすい。批判的な視点が可能であるということは記事の題材として重要なポイントだと思う。素材を手に入れて、次は記事の流れを考える。

記事執筆に当たり、今回は大きく分けて3つの要素を入れる。それは、「定義」・「歴史」・「事例」。これには実はアンサイクロペディアでの重要な3つの“真の”要素が隠れていて……

  • 「定義」には「風刺」
  • 「歴史」には「捏造」
  • 「事例」には「ネタ」

が入る器となる(もちろん壁は曖昧なものである。定義にネタが入ったりもするし、風刺的な事例を用意できれば越したことはない)。残りの「関連項目」や「テンプレート」などは、おろそかにはできないが、あとでもできる事なので置いておく。そして、3つのうち一番大変なのは「捏造」しなければならない「歴史」なのでこれを後回しにして「定義」・「事例」から進めていく。

定義編集

  • 「カバ中とは、本を買わせるための付加価値である」
  • 「マンガ本が氾濫する中でいかに買わせるかを考えて作られたアイデア
  • 姑息な手段だが、それでも読者の心はしっかりキャッチできている」

そう、カバ中は経済的に苦しい出版社の販売促進の姑息な手段にしか過ぎないのである。……と同時に、それに騙されて買ってしまう私たちも私たちなのである。短いが、定義としては十分だ。

事例編集

ここでの事例は、どんなカバ中があるかということだ。アンサイクロペディアではこういう場合、ツンデレ釘宮病のページのように「○○型」と分類する手法がよく使われている。ここでもそれに倣ってみよう。さあ、記憶の中から掘り起こせ。過去にどんなカバ中を見てきたか!?

  • カバーのパロディ
  • 真っ白にダジャレ
  • あとがきマンガ
  • 書き下ろしマンガ
  • セリフを入れ替えたパロディマンガ
  • 作品解説
  • カバー下書き・原画
  • 特別付録と称した着せ替え紙人形(切り抜かせる気?)
  • カバーは萌々全開なのにカバーめくると格調高くなるというカモフラージュ(『もえたん』はカバ裏なのでNG。惜しいが)
  • 一度、カバーのまるまるパロディを別の漫画家がやったのを見たことがある
  • はずれ

中にはあまり紹介しづらい本もあるのであれだが……何事も経験。これらの中で、「○○型」として紹介できそうなものを選別する。

  • カバーのパロディ…舞台裏型
  • 真っ白にダジャレ…楽屋裏型
  • あとがきマンガ…そのまんま「あとがき型
  • 書き下ろしマンガ…フル本文型
  • セリフを入れ替えたパロディマンガ…舞台裏型のバリエーション?
  • カバー下書き・原画…設定資料型
  • 作品解説…設定資料型のバリエーション?
  • 着せ替え紙人形…本が台無し型(のちに「販促型」に変更)
  • カモフラージュ…まんま「カモフラージュ型」だが、NGの『もえたん』のイメージが強いので今回はパス。『もえたん』以外で有名なものが見つかったら改めて考える。
  • 別の漫画家が描く…楽屋裏型のバリエーション?
  • はずれ…はずれ型?

「舞台裏型」と「楽屋裏型」の区別にブレがある。定義も曖昧だ。今考えるに、「舞台裏型」はあくまで作品世界の枠で描かれたネタで、「楽屋裏型」は作者のいるメタな空間で描かれたもの、ということになるだろう。この中から記事に入るくらいの長さにできたものを選んで加える。

ここまでできれば、次は歴史作り。個人的に一番書くのが大変なところだ。けれど大事なところでもある。「ふーん、そうなんだ……いやいや、これアンサイクロペディアだから!」と一瞬でも納得してしまいそうな来歴を作ってやると記事に年季の厚みがでてくる。また、こうやって考え出された歴史が他の節に影響を与えたり、記事を読んだ人の加筆を呼び込むことになったりするかもしれない。 さて、歴史だが、大枠の年表は今までの流れからすでにできている。

1980年代……(?)
1992年……『グルグル』カバ中黎明期
2000年……カバ中隆盛
2009年現在……やや腐食気味

話は脱線するが、年はあやふやな記憶から適当に書いたのだが、投稿した後に、特に『グルグル』の正確な初版年を修正していただいた。また、『グルグル』より前にカバ中を使った本を、とても綺麗に加筆していただいた。ありがとう。

…… お礼だけではここの趣旨に反するので、このことから得られる教訓を導くとすると、アンサイクロペディアであっても事実を基にした記述を(ある程度)心掛ける、ということだろう。事実を書くと虚偽の世界と現実に接点が生まれる。そうすると今度は、それが呼び水となって現実から虚偽の世界へ逆流させる力が読む人に働くらしい。要は、加筆しやすい記事になるということだ。 話を戻して年表を見ると、重要なのは1980年代(過去)と2000年(突然の隆盛)だ。

  1. 過去にはカバ中はなかっただろう。なら、代わりに何があったのか?
  2. 2000年頃から隆盛を始めたのはなぜか。2000年前後に何があったのか?

実は既に答えは書いてある。1980年代、いわゆるサブカルとしてのオタクを対象としたメディアの主役は、マンガではなかった。小説だ。角川スニーカー文庫富士見ファンタジア文庫(これも記憶間違いがあり、直してもらった)といった“青少年向け小説”がぼそぼそと、しかし確実に勢力をのばして来た時代である。

そして2000年前後は、角川がメディアミックス戦略を展開し、オタク文化が小説からアニメ・マンガ偏重へと変わっていく時代である。つまり、カバ中は小説が一線から離れマンガが台頭してくる時期に一気に広がったのだ。じゃあ、小説にはカバ中に相当するものがあったのか? これも既に答えが書いてある。スニーカー文庫の隠れた楽しみ、あとがきだ。

実はアンサイクロペディアには項目『後書き』が既に存在する。しかしそれは“アンサイクロペディア”のあとがきを書くという自己言及になっているので別のネタは入れられない。よって少々話が脱線してでもカバ中の項目にあとがきについて解説するのが良いだろう。

流れは決まった。

明治時代……昔はカバ中なんてなかった
1980年代……角川や富士見があとがきで遊び出す
1990年代……さらにあとがきがカオスに。次第に飽きられる。カバ中を実験する者が現れる
2000年前後……メディアミックス戦略で小説がハブられる。あとがき衰退。カバ中隆盛。
現在……カバ中も飽きられ始める。出版社は別の作戦を研究中。

何この完璧な独自研究

記事執筆編集

ようやく実際に記事を執筆していく。実際の記事を見ながら読んで行って欲しい。

定義編集

記事の最初の部分であり、読む人を引きつける部分だ。私自身は定形を一つ決めている。“最初に定義、次に役割”だ。定義は、お馴染みの「○○とは、……である。」の形をした文のことだ。

これだけで終わってもよいが、出来ればもう一文、それがどのような役割を持っているか……言い換えると、どうして記事にする必要があるのか、という特筆性を示すことによって読者を引き込むキャッチーな書き出しにすることができる。これは私の記事に限ったことではなく、他の多くの記事がこのような構成を取っていることから大いに参考にしてよい。ただし、あまり長すぎても良くない。そういう加減で、二文、長くても三文で収めるようにしよう。

概要編集

記事対象の本格的な説明が入る。気を付けたいのは、先の定義や後の歴史などと文章の言い回しが重ならないようにすることだ。定義より詳細な対象の説明を心掛けつつ、歴史は要点だけをつまんだものにする。

歴史編集

長くなりそうな場合(今回がそう)、複数の小節に分けると良い。単に“1980年代”、“1990年代”と見出しを付けるのも流れが見やすくてよいが、私はそれぞれに副題のように見出しを付けている。

そんな中で注意すべき点は時系列。嘘でも良いので必ず出来事の年数を入れて、順番に並べることが大切だ。順番を狂わせてはいけないというわけではないが(実際カバ中でもやっている)、そうした場合は「あとがき隆盛以前から」などの断りを入れること。これは読みやすさの問題だ。

事例編集

ここでやっとカバ中の例を挙げるところに行き着く。私の執筆する記事だけでなく、ほとんどの記事が事例を後ろの方に回すのは、長くコマ切れの情報を書いた部分は実際よりも冗長に感じられやすく、始めの方にあると退屈な印象を持たれるからだ。はっきり言って、ここに書くのは小ネタの集合体なのだから、最悪「ここで読むのを止められてもいーや」ぐらいの心づもりで望むべきだ。

それだけ、今までの定義、概要その他がいかに重要かということである。事例など、たかが小ネタ、である。

事例加筆法編集

「たかが小ネタ」とくれば「されど小ネタ」と続くのが世の習い。一つひとつの事例は厳選し、磨き上げなければならない。

便利な方法として、記事にもなっている(ということは、それだけ使い古された方法ということだが)“事例加筆法”がオススメだ。簡単に言えば、ある一つの類型を概念的に説明し、次にその実際の例を書くということだ。カバ中でいうと……

あとがき型
(使われ方など説明し……)

よく使用される表現  ←コレだ!

本格的な事例加筆法は、もっと具体的に作品名やその詳しい内容も記述するのだが、そうしなかった。

理由は、事例加筆法がもう使い古された方法であるからではなく……単に私が詳しいカバ中の資料を集められなかったからである。できればもう少し集めたかった……

もう一つ、カバ中“一般”の特徴を、個別の事例の前に置いている。これは当初予定に無かったが、記事の体裁上必要に感じて追加した。“特徴”と来て次の行にいきなり“個別の特徴”ではあまりよろしくない。より大きな一般論から自然な順で各論に入って行くようにすれば冗長さは感じられにくい。

その他編集

関連項目
関連するリンクを用意したい。私の場合はダジャレで埋め尽くすか真面目に集めるかのどちらか。中途半端にはあまりしたくない。
関連
関連項目とは別に、そして概要その他に入りきらなかった内容がある場合にはここに書くとよい。
テンプレートについて
多くの記事に倣って、テンプレートは適度につけるべきである。しかし私の場合は少ない方らしく、1、2個だ。その少ない枠に付けるのが、曖昧誘導 (渡辺さん)なのだから救いようがない。私が初めて作ったテンプレートなのでちょっとひいき目なのだ。だから、使うなよ!絶対使うなよ!
一応、「リンク先は無いんだけど、あったら見てみたいなぁ」という気分になれるような言葉をチョイスするように心掛けている。だから絶対使うなよ!
リンク付加
執筆した原稿の中に出てくる単語で記事が存在するものは、あなたが思い出せる限りの範囲でリンクさせる。これは記事がアンサイクロペディアの一部となるために必要な手順だ。おろそかにしてはいけない。しかし全部リンクさせなければならないという決まりではないので、後から思い出したからといってリンク付加だけのために何度も編集する必要はない。また加筆できるネタを考えた時にする事にしよう(これは、あなたが執筆したのでない記事に加筆するときも同様だ。友人の記事も細かく確認してあげよう)。
また、あれもこれもとリンク付加するものの、結果的に赤リンクばかりになってしまうのもよくない。表現の異なる記事を探したり、ネタリンクを作ったりできればよいが、そうでなければ潔くリンクを外そう。
捨てる! 技術
すっかり忘れていた。『グルグル』と『探偵儀式』の画像はどうしたのか。実は……購入し、スキャンまでしたのだが、結局は使わず終わった。「はずれ」があまりにもインパクト強であり、またそれ以降の記述がかなり真面目にウソをつく展開であるため、ここに画像を入れることに疑問を感じてしまったからだ。よって上記2つの画像はここで掲載したのが初めてである。実際に掲載してみると……サムネイルでは画像がつぶれてやや分かりづらい。現在でも心は掲載しない方向で変わりない。
画像に限らず、考え付いたネタは何でも入れたくなるのが執筆者の欲望である。しかしそこであえて、「一定以上のユーモアに到達できるか」を問い、場合によっては“捨てる”勇気も必要になってくる。でもめげてそのネタを忘れてはならない。もしかしたら、そのネタはこの場所ではなく、別の場所にぴったり収まるものなのかもしれない。そのときまできちんと取っておくのだ。

細かい話ばかり続いたが、つまりは詰めを怠るな、ということだ。チェックはしだしたらなかなか終われないので適度に切り上げて、あとは自信を持って投稿だ!

プレビューを忘れないように!

……以上が私の記事執筆過程である。全編に心がけるのは、やはり題材に対する。よく知り、よく調べ、そして好きになることが、よい記事を書くことの条件である。日常のちょっとしたことから、自分の持つ好みを探し出してほしい。それでは!

質疑応答編集

コメント・質問があればここにお書きください。