メインメニューを開く

Uncyclopedia β

クラフトワーク

< 利用者:弱

クラフトワーク(Kraftwerk)とは、さまざまな分野でオートメーション化に大きく貢献したナチスドイツの技術者集団である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クラフトワーク」の項目を執筆しています。

概要編集

クラフトワークとは、ナチスドイツで生まれた技術者集団で、ヒトラー総統閣下亡き後その志を受け継ぎ、多くの分野でオートメーション化を図りドイツの近代化に大きく貢献した。また、自ら世界各国で公演講演を行い、賞賛を浴びている。

アウトバーンの基礎システムの完成時に多くの国々の注目を浴び、米帝で融和工作を行うため各所で講演を行っている。その際、アウトバーンに使われた専門技術について20分あまりの間演説し聴衆を驚愕させたことはクラフトワークの功績を象徴する逸話として有名である。

高性能の人型ロボットを開発した折、自らに似せたロボットを製作して代わりに講演を行う、講演は演台に立ったロボットだけで行われ、人間の力を一切必要としなかったにもかかわらず、数万人の聴衆の煽動に成功した。その際に自らに模したロボットにロシア語で「私は奴隷で、私は労働者です。」と言わせ、敵対していたソビエトロシア共産主義を強烈に皮肉った。

現在、クラフトワークの技術は完成され、当初は一つの分野の技術に大量の機材を投入していたものが、4つのノートパソコンで全ての分野の技術を実現できるるようになった。

功績編集

  • アウトバーンヨーロッパ特急など、他国の侵略に必要な交通機関のオートメーション化を進める。
  • 米国の核攻撃を想定して、核兵器に対する警報システムを整備する。
  • コンピュータ電卓など電子計算機の開発を行う。このとき同盟国であった大日本帝国の言語に対応した電卓も発明する。
  • 自転車を趣味としており、ツールドフランスの啓蒙活動、空気力学の解析も行っている。
  • 医学も若干かじっていたようで、電子装置による人体解剖、ビタミンの研究を行う。
  • ロボット工学での活躍もめざましく、自らに模したロボットを使い、無人で講演を行う。

関連項目編集