メインメニューを開く

Uncyclopedia β

利用者:突撃ひとり/サンドボックス8

< 利用者:突撃ひとり

秀吉(ひでよし)とは日本最古のシューズウォーマー。

歴史編集

15世紀末頃に木下弥右衛門という男が製作し、稼動していたとされる期間は戦国時代から安土桃山時代と、秀吉の歴史は大変古い。製作当初は弥右衛門が自信の名を冠したものにしようと、木下藤吉郎として製作。職人気質であった弥右衛門は、藤吉郎をまるで息子のように大事に扱い、息子を量産することなど出来ないと一台限りの商品とした。しばらくすると、「職人が一台限りの商品を作った」と時の将軍織田信長の耳に入り、珍しい物欲しがりの信長は権力を振りかざしタダ同然で弥右衛門から奪い取った。


洗練されたフォルム編集

秀吉は履物を温める道具だが人型だった。一見、履物を温めるだけの道具が人型である意味は無いように思えるが、職人が持つ粋な心意気であり、人型であるがゆえ愛着もわく等、日本人の持つ「誠実さの中にある遊び心好き」を的確に捉えたフォルムであった。

衰退編集

生産が一台限りであった為使用者は信長だけであり、信長が亡くなる頃には秀吉自体にガタがきていたことや、信長の遺品であったことから誰も使わなかった。履物を温める事が出来なくなった秀吉はただの置物同然であり、破棄

かきかけ