メインメニューを開く

Uncyclopedia β

動悸

動悸(どうき)とは病気の目安となる最も簡単なものであるドキドキ。

目次

概要編集

心臓は毎日鼓動している、どうきとはその中の一種で主に動きが速いときか強いときに用いられるドドドド。

そしてこれは病気の際に顕著になることから病気か否かを知る目安となるゴゴゴゴ。なぜそうなるのかと言うと体内の細菌を殲滅する際に大量の酸素が必要になり心臓がフル稼働しなければならないからだダカダカ。肺でもいいんじゃないかと言う声が聞こえてきそうだがそこはお察し下さいドンドン。

しかし動悸は病気の際で無くとも発生するため見分ける必要は十二分にある。事項に病気ではない動悸の一例を挙げるズキズキ。

病気ではない動悸編集

  • 運動した後
運動には細菌を殲滅するのと同じくらいかそれ以上の酸素が必要になってくる、よって必然的に動悸が発生するのであるドカドカ。
これは精神病であるから厳密に言えば少し違うトクトク。ならばなぜ動悸がするのかというと彼女に心惹かれるからといえば聞こえがいいが実際はうふふな妄想をしてしまうからであるドクドク。
  • 妄想した後
上の恋の病と同じ、ただこちらのほうが若干たちが悪いトントン。
  • 死んでいる場合
それは、何かの、間違いだトクントクン。

区別の目安編集

ここでは前述したものと病気の動悸の区別の仕方を説明するズンズン。

  • 数分間待ってみる
これはもっとも有効的な方法であるバクバク。と言うのも一般的な病気以外の動悸は数分間待てば自然と治るが、病気の場合は何時間待っても治らないからであるドクンドクン。
  • 生きてないかどうか調べる
生きていなかったら動悸はしないトントン。しかし、中にはどこかのブリキのきこりのように生きては無いのに心臓がある場合もあるので注意バンバン。
  • 状況を確かめる
プレッシャーなどの動悸の場合はこうすれば病気のものか判別できるズドンズドン。だが、あまり使える場所は無いドドンドドン。

対処法編集

  • 深呼吸する
病気ではない場合はこれがもっとも有効的になってくるズズンズズン。一度大量の酸素をすってしまえばそれ以降は酸素の供給が追いつかないと言うことはそうそう起きないであるだろうからだトトントトン。
  • 数分間待ってみる
前述したとおり病気以外のものならこれでたいてい治るパクパク。
  • 薬を飲む
よほどの藪医者が作ったものでなければたいてい病気のものは治まるタンタン。
  • 寝る
寝てしまえば気にならないタタタタ。
こうすれば二度と動悸は起きないピーーーーーーーーーー。

関連項目編集


  執筆コンテスト
本項は第24回執筆コンテストに出品されました。