メインメニューを開く

Uncyclopedia β

北島康介

キタジマコウスケ
Rana porosa porosa001.jpg
北京オリンピックの100m平泳ぎにおいて
分類
: 動物界
: 脊索動物門
亜門 : 脊索動物亜門
: 両生鋼
: カエル
亜目 : カエル亜目
: ヒトガエル科
亜科 : ヒトガエル亜科
: キタジマ属
: コウスケ・キタジマ
学名
現在募集中
和名
キタジマコウスケ(北島康介)・ワーワン(蛙王)


北島 康介(きたじま こうすけ、1982年9月22日-)とは日本に生息する、非常に泳ぎを得意とするカエルの一種である。

目次

概要編集

北島康介は、1982年に東京都に出現し、その数年後に(北島が14歳のころ)学会に正式に認められたカエルの一種である。非常に泳ぎがうまく、そのスピードは、全世界の中でも一番速いといわれているほどである。また、人間をあまり恐れることなく、共生していることでもよく知られている。

形態編集

全体的な形編集

普通のカエルに比べて、非常にスリムな形態をしている。胴体は円柱状で、その胴体と比較しても、非常に長い手足を持っている。また、両生類には珍しく、様々な場所からが生えている。

編集

一般的なカエルは、色であったり(アマガエル等)、褐色であったり(ヒキガエル等)するが北島康介の場合、皮膚はもっと明るい色であり(極東アジア系の人種のを思い浮かべればよいだろう。他のカエルと違い、天敵から襲われる心配があまりないために、このような皮膚の色になったと思われる。

手足編集

ほとんどのカエルについている水かきは、それほど発達はしていない。その代わり、非常に長いをもち、その手足をうまく利用することによって、スピードを上げて泳ぐことができる。なお、一般的なカエルに比べて、跳躍力はそれほどないことも特筆すべきことである。

鳴き声編集

上ずったような声で、「チョーキモチイー」、「ナンモイエネー」と喜びの感情を入れた感じで鳴く。鳴き声を聞ける機会が非常に少ないため、いつ鳴くのかは今のところよく解明されていないが、一生懸命泳ぎきったあとに鳴くというのが一般的な見解である。

生態編集

生息地域編集

一般的なカエルは、水辺を好むが、北島康介も例外ではない。ただ、他のカエルに比べて乾燥に強く、のないところでも長く暮らすことができる(ただし水の摂取は随時必要である)。また、以前は日本にしか生息が確認されていなかったが、最近はギリシャ中国でも生息が確認された。他の地域でも生息情報が確認されているが、日本以外ではその確認後に再び発見されたという情報は聞かない。今後の研究が待たれるところである。

食べ物編集

普通のカエルと比べて、をほとんど食べない。その代わりにを食べるし、植物も食べる。特に肉は好んで摂取する餌であり、食べやすいようにミンチにした上でで揚げるべきとする飼育上の鉄則が存在する。これは植物では摂取が困難であり、虫を食べないために欠乏しがちである脂肪を動物油脂や植物加工油脂から摂取できるからであるとされている。

繁殖方法編集

上記までの項目とは異なり、繁殖の方法に関しては通常のカエルと同じであることは、覚えておくと便利である。 しかし繁殖以外の目的で交尾を行うことがほとんどである。

危機編集

現在のところ、北島康介は世界でもたった1匹しか発見されていない。このまま別固体が発見されない限り、ガラパゴスゾウガメロンサム・ジョージみたいに、種が絶滅することは避けられない。そのため、世の中の科学者は懸命に仲間を探しているが、2009年現在、発見には至っていない。

なお、近種として岩崎恭子や、ブレンダン・ハンセンが発見されており、今後の研究が待たれるところである。

また、異種姦が可能との情報もあり、この点も研究対象である。

関連項目編集