メインメニューを開く

Uncyclopedia β

南宗寺

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「南宗寺」の項目を執筆しています。

南宗寺(なんしゅうじ)は大阪府堺市にある臨済宗大徳寺派の寺院。三好長慶が父の菩提を弔うために1557年に建立した。茶に関係の深い寺で、「南宗寺を知らずして茶道を論ずることはできない」と言われるほどらしい。

目次

歴史編集

三好長慶が父、三好元長の菩提を弔うために創建したものであったが、1574年には松永久秀に放火され、1615年大坂夏の陣でまた灰になった。その後は沢庵宗彭によって現在の場所に再興されたが、第二次世界大戦で再び戦火に襲われ、大部分の建物を失った。踏んだり蹴ったりである。

境内編集

茶人の武野紹鴎千利休が修行をしたというだけあって、境内には利休ゆかりの茶室「実相庵」、喫茶店、茶畑、茶摘み娘、茶葉を発酵させたり加熱処理するための工場などが輻輳している。国の重要文化財にも指定されている仏殿の天井には、狩野信政による「茶飲み龍」が描かれている。ちなみに、龍が飲んでいるのは伊藤園ペットボトルである。国の名勝に指定されている枯山水庭園には、お茶のみを扱った自動販売機が設置されている。

徳川家康の墓編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「徳川家康の影武者説」の項目を執筆しています。

境内には、千家一門や三好一門など南宗寺にゆかりがある人々の墓だけでなく、なぜか徳川家康の墓もある。当地には、大坂夏の陣で家康が後藤又兵衛アッー!されたという伝説が残っており、徳川秀忠徳川家光が後年この墓を訪れたこともあって、徳川家康影武者説を裏付けるものとされた。

又兵衛が道明寺で討ち死にした五月六日の朝には、家康は京都から大坂に向けてまだ進軍中だったが

関連項目編集


  この記事「南宗寺」を書いた人は大いなる権力により抹消されました。この記事を読んでいるそこの君も抹消される覚悟があろうとなかろうと編集し…あれ?こんな時間に客?誰だ? (Portal:スタブ)