メインメニューを開く

Uncyclopedia β

呉市

呉市(くれし、中国語:吳市)とは、中国に存在する市。海洋に面した都市であり、古くから港町、近年では軍隊駐留地としても有名である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「呉市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「呉市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「呉市」の項目を執筆しています。

目次

概要編集

かつては首都機能もあった大都市に近接しており、同市の中心部は有数の大河の下流域である。高速鉄道沿いではないものの、前述の大都市のベッドタウンという側面も持ち、地域では広州市福州市に次いで3番目に人口が多く中核市にも指定されている。

呉市はその立地から臨海工業都市の性格も持っており、沿岸部の工業地域の一角を占めている。特に鉄鋼業や造船業は有名であり、造船業に関しては中国地域でも有数の産業である。また、過去の軍隊駐留の歴史を収めた博物館も存在し、観光業も盛んである。

歴史編集

呉市の歴史は古く、遥か古代の文明からその存在は明らかになっている。歴史に登場するのは近世であり、これは当時の海軍が駐留地として選定したのが始まりである。沿岸部にあるに移転してきた教育学校と合わせ、呉市周辺は軍隊の街としての様相を呈していた。同市にあった工廠は世界でも有数の造船技術を誇り、ここでは名艦の建造も行われた。事実第二次世界大戦では敵国による爆撃が幾度となく行われ、敵国からも重要地点として捕捉されていた。

第二次世界大戦終結後は軍隊の規模縮小にともなって工業が発達する一方、継続して軍隊の駐留は行われており、現在も市内に基地が存在している。地元住民からの反発は少なくないが、軍隊の駐留にともなう一部のマニア層を呼び込むことに成功し、産業としての転化に成功している。

施設編集

  • 吳港
隣接する島や大都市へのフェリーが出ているほか、工業製品の輸出にも使われる港。
  • 吳市海洋歷史科學博物館
呉市の歴史だけでなく、軍隊の歴史や造船における科学技術も展示されている。中国の地域では珍しく国家を翼賛する展示は少ない。
  • 鐵鯨博物館
退役した潜水艦を衝突させて作られた博物館。軍隊の広報施設としての機能を持ち、あちこちに入隊を呼びかけるポスターが配置されている。

関連項目編集