メインメニューを開く

Uncyclopedia β

国際原子時

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「国際原子時」の項目を執筆しています。

国際原子時(こくさいはらこじ)とは、全国の原子さん腹時計の平均を基準とする、世界最高の精度の時刻系である。

目次

原理編集

日本全国の原子さんの中から精度の良い腹時計を持つ者を各都道府県ごとに一人選出し、彼女たちの腹時計の加重平均を取って算出されている。

国際原子時とうるう秒編集

国際原子時に選ばれた原子さんには、毎日の規則正しい生活が義務づけられる。日常生活に厳しい制限がかかるため、あまり長期間採用はせず、数年程度で次の原子さんと交替できるように調整されている。 しかし、原子さんの交替が行なわれるとどうしても原子時計の時刻にずれが生じてしまうので、このずれを解消するためにうるう秒が入れられる。

原子くんと2000年問題編集

1999年、国際度量局は20世紀最後の原子さん選択で、始めて男の子の「原子(あとむ)」くん (13歳)を選出した。これは21世紀の到来とともに増設される「21世紀特別枠」の前哨戦として試験的に行なわれたものであるが、原子くんの腹時計は彼の成長とともに徐々に遅くなっていったため。原子時の精度に問題が生じてしまった。ついに2000年のうるう年は行わず、1999年の次は2001年になるという異例の事態となった。

21世紀は2000年からだと思っていた国際社会は大きく混乱した。「2001年を迎えると同時にパソコンが壊れる」というデマ情報まで飛び出し、全国の主婦はわけもわからず電池の買い占めに走った。

2001年1月1日に大きな混乱はなかったものの、この事態を受けて21世紀特別枠の増設は中止され、原子時計の原子は「はらこ」さんに限定されることとなった。

関連項目編集