メインメニューを開く

Uncyclopedia β

夜之街

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「夜之街」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「夜之街」の記事を執筆しています。

夜之街(よるのまち)とは、日が落ちた後に現れるとされる妖怪の一種。東京大阪など、都市部での遭遇が多いとされる。

目次

概要編集

 
このように、別種の妖怪が空間に住み着く場合もある。

夜之街は空間を操る妖怪であり、日が落ちて暗くなった街の側に出現する。現実の街路から蜃気楼のような道を繋げて人々を誘引し惑わせるが、命を奪うような事は少ない[1]。その空間では水が人を狂わせる効果を持つ薬物になり、また見め麗しい容姿の幽霊や妖怪がうろつく[2]とされ、加えて時間の感覚もおかしくなる為小一時間の筈が夜明けまで同じ場所に座っていた、などと言うことも起こる。

夜之街が作った空間では法律や社会的ルールが通じず、独自の法則だけで動いている。表の世界では150円ほどの飲み物が1000円以上したり、個室浴場で入浴しようとしたら何故か先客と相席することになったり、一般社会の常識は通用しない。古くから日本では夜之街に惑わされる話が多く、例えば江戸は千束の吉原区域では夜之街に惑わされて帰れなくなった話や鷹が話し掛けてきた[3]という話が残っている。

近年の夜之街編集

2020年のいわゆるコロナ禍において、夜之街に惑わされてソーシャルディスタンスへの配慮をしなくなったりマスク無しで出歩いたりする人々が新型コロナウイルス拡散を助長しているという説が唱えられるようになった。

特に東京都においては「夜之街が感染源となっている」と小池百合子知事が公式に発言しているが、これについて夜之街と街路で繋がる事が多い区域の商店街等からは「全部引っくるめて「夜之街」とされてしまうと、商売が続けられない」「夜之街によるものかどうか、どうやって判断するのか」と抗議の声が上がっている。しかし夜之街は上に記した通りに空間を作るだけで、中にウイルスがあるかどうかや感染するかしないかまでは関知していない。大事なのは各員の自覚である。

脚注編集

  1. ^ ただしあくまで「自分の空間を作るだけの妖怪」なので、そこで起こる事柄をコントロール出来るわけではない。
  2. ^ 彼ら彼女らは人間のように見えるがほとんどが夜の闇の中でしか行動できず、日が昇ると消えてしまう。
  3. ^
    ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「夜鷹」の項目を執筆しています。
    この鷹は目撃例が非常に多く、一般に夜鷹と呼ばれている。蕎麦を好んだとされ、当時は屋台蕎麦を「夜鷹蕎麦」と呼んでいた[要出典]

関連項目編集


この項目「夜の街」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)