女の一生

女の一生(おんな-いっしょう)とは、1883年にアンリ・ルネ・アルベール・ギ・ド・モーパッサンによって唱えられた呪詛である。この呪詛に巻き込まれた者は、ある少女が痛々しい現実によって将来への夢や希望を無残にも打ち砕かれる様を幻視することとなる。 ナポレオン体制が完全に終焉したフランスにおいてペシミストやリアリストから圧倒的な支持を受け、呪いのアイテムにも関わらず3万部を売り上げた。今も古典的呪文の傑作として、リアリストマゾヒストの聖典となっている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「女の一生」の項目を執筆しています。

概要編集

モーパッサンは婦人との交友は多かったものの、生涯結婚することはなかったという。そんな彼は多くの書を著したが、デビュー作「脂肪の塊」や「メゾン・テリエ」をはじめ、娼婦の登場する作品が非常に多いことで知られる。

モーパッサンの作風は、「現実を模写する」ただのリアリズムではなく、現実的な脚色による「リアルを超えたリアル」を武器としていた。更に、そのテーマにおいても「気取った偽善の上流階級を笑う」「下流階級の貧困や強さを如実に描写する」というものが多かったので、下流階級のシンボルであり、かつ(当時において文学を嗜む層にとって)存在そのものが魅力と刺激に溢れた「娼婦」の登場が多かったのは頷ける話である。

しかし、それだけでは「ベラミ(美貌だけを武器に、女性を散々食い物にして社会的に成り上がる男性の話)」や「首飾り(見栄を張ろうと友人に高価な首飾りを借りた婦人が首飾りを失くし、補填の為に財産を投げ打ち不幸の底へ落ちる話)」の様な作品の説明が難しい。モーパッサンは前述のリアリズム以上のリアルで女性が不幸に陥る様を淡々と描き続けた。その鬱屈は次第に増長し、遂には「オルラ」「狂人の手紙」で狂気や人知を超えた存在への言及に結びつく。晩年の彼はペシミズムをこじらせ、自殺を図った後精神病院で生涯を閉じた。

女性の不幸を描きつつ、そこに尋常ならざる鬱屈を含めた作品群は最早物語の枠を超え、リアルさ故に生々しい幻視が可能な呪詛として作用した。読者が得られる後味の悪さや絶望感は普通の物語の3倍、10週で打ち切られた中二病ストーリーの156倍に相当するとされる。「女の一生」はモーパッサンの最初の長編にして、こうした鬱屈を満遍なく散りばめた呪詛である。

あらすじ編集

冒頭編集

は~い☆わたしジャンヌ。修道院を卒業したての都合上17歳[1]
神風怪盗を名乗ってシンドバッドを追い回すのが許されるのも修道女の間だけよねキャハハハハ!!
だ・か・ら、今からジャンヌはみんなにナイショで、
素敵なロマンスを探しに社交界探検にれっつごーしまーすっ!

MOSAIC.WAVの「Magical Hacker☆くるくるリスク[2]」の冒頭に似ている気がしなくもないが、きっと気のせいである。

中盤編集

天使が空を飛ぶ
悪魔が手を振るよ
神様が笑うよ
ごらん素敵だよ 景色

PSY・Sの「景色」の最後に似ている気がしなくもないが、気のせいだと思う。なお、湖の景色に見とれたジャンヌにボートの上でこう言われた夫ジュリヤンだったが、彼は景色になど目もくれず口づけをせがむことしかしなかった。後にジュリヤンは正直をこじらせて浮気、その後浮気相手の手に掛かり死亡する。ジュリヤンは真に尊敬に足る人物である

結末編集

-ジャンヌは-
売却されたあの屋敷に戻ることはない。
齢四十にして老成した彼女は
孫娘に希望を寄せてひっそりと生きるのだ。 人生は思ったほど良くも悪くもない。
女中のその言葉を受け入れたジャンヌは、考えるのをやめた。

荒木飛呂彦の「ジョジョの奇妙な冒険」第二部の有名なコピペに似ている気がしなくもないが、気のせいであってほしい。

解説編集

あらすじからも判る通り、恋心を砕かれ、大事な初夜はパートナーの暴走で無残なものとなり、挙句の果てに浮気され、溺愛した息子はただ金を無心するばかりの不良息子となり、両親が相次いで亡くなり、屋敷は売り飛ばされ、女中とひっそりと暮らすことにするジャンヌ。あんなに美しかった金髪は、重ねた苦心の所為で若くしてすっかり真っ白だ。それでも、一緒に住むこととなった孫娘に対して希望を捨てない。

通常「希望」という言葉は前向きな良い言葉として作用するが、抱いた希望はすべて絶望と化してジャンヌを苛み、身を持ち崩したというのになお希望を捨てないその姿は、まさに希望という名の呪いに囚われた哀れな子羊といえる[3]

評価と影響編集

何も無い絶望の海を耐え忍び、ひたすら根拠の無い希望を待ち詫びるという残酷な呪いは、楽観主義マゾヒストが群れを成す極東の子羊に覿面に効果を及ぼした。映画として3度具現化され、ドラマとしても1度具現化された。

また、古くは「おしん」、近年でも「渡る世間は鬼ばかり」の様なただ不幸が連続する類のドラマの基礎となるなど、世代を超えてその呪いは日本人に影響を与えている。

注釈編集

  1. ^ おいおい
  2. ^ ただしシングル版であり、アルバム「We Love "AKIBA-POP"!!」収録のものではないので注意
  3. ^ こんな話だというのに、当時付けられたサブタイトルが「ささやかな真実」だった辺りにも、彼の鬱屈っぷりが強く込められていると言えるだろう

関連項目編集

  • 希望 この作品の主題にして、呪いの主成分
  • 絶望 この作品の主題にして、呪いの副成分
  • スイーツ(笑) この呪いの天敵。無効化属性を備え、ジャンヌの生き様を鼻で笑う