メインメニューを開く

Uncyclopedia β

家庭裁判所

家庭裁判所(かていさいばんしょ、Family Court)とは、各家庭内に自然発生的に設置されることがある民事事件や刑事事件を内密に処理するための裁判所

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「家庭裁判所」の項目を執筆しています。

目次

概要編集

警察沙汰にするほどでもない刑事事件や、あまり表沙汰にしたくないような民事事件を処理するために各家庭に設置されることがある裁判所。最高裁判所高等裁判所地方裁判所簡易裁判所裁判所法を根拠法に国の司法機関として設置されているのに対し、家庭裁判所は根拠法もなければ国の司法機関でもない私的な裁判所である点で大きく異なる。また、他の裁判所が官公署として常設されているのに対し、家庭裁判所は事件・事故・紛争が発生したときにのみ設置されることがあるという特異な性質があるため常設されているわけではない。さらに、家庭裁判所には「判決の執行」を行う権限がある。

歴史編集

人類が家族という社会集団を形成するようになった頃につくられたと考えられている。

人員編集

常設機関ではないので常勤職員は存在しない。家庭裁判所が設置されると同時に誰かが裁判官となる。家庭裁判所の裁判官は、裁判の対象となる事件により異なることが多い。

その家庭の子が被告となる場合には、原則として親権者が裁判官となる。通常は父母である。例外的に、子の祖父母や親戚が裁判官となることもあり得る。片方の配偶者が被告となる場合には、原則としてもう片方の配偶者が裁判官となるが、例外的に行為能力を有する程度の年齢になった子や、配偶者の父母が裁判官となることもある。

裁判の流れ編集

刑事事件編集

通常、刑事訴訟は刑事訴訟法にのっとって行われるが、家庭裁判所の場合、訴訟法が適用除外となるため訴訟の提起から判決、刑の執行に至るまで裁判官の一存で行われる。また、原則として検察官弁護人も必要とされない。そのため、一般的な刑事訴訟は検察官が訴えを提起し、捜査を通じて証拠を収集し事実を立証する必要があるのに対し、家庭裁判所における刑事事件は訴えの提起も事実の立証も裁判官自身の手によって行われる。もっとも、裁判官が黒だと言えば黒となるので、事実の立証ですら必要とされているわけではない。つまり、裁判官の思い込みが裁判上の事実ということになってしまう。例外的に時々、検察官や弁護人が裁判に参加してくることもある。例えば、子が被告人となる場合、孫思いのおばあちゃんが「もうそのへんで許しておやり」と情状酌量を求め弁護人となることがある。

家庭裁判所における刑事事件の多くは、「即決裁判主義」がとられ訴えの提起から判決に至るまで数分から数十分程度で結審する。他の裁判所における刑事裁判は三審制がとられているため判決が確定するまで刑の執行が行われることがないのに対し、家庭裁判所における刑事裁判は一審制で判決に対する異議の申し立てや上訴ができないため、家庭裁判所の判決が確定判決となる。そのため、訴訟経済上の観点から判決の言い渡しを省略することも可能で、裁判官が有罪の心象を形成すれば判決を経ずに刑の執行を行うことも可能である。軽微な事件の場合、刑の執行が猶予され被告人に対して説諭が行われる。

民事事件編集

  この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目編集