メインメニューを開く

Uncyclopedia β

家庭 (教科)

家庭 (かてい) とは中学校で行われる授業の一つ。家庭科 (かていか) とも。

目次

概要編集

家庭の授業とは、調理実習や裁縫等、女子女子力を、男子男料理男子力を身につけるために行われる。ここでの活躍によって、女子は家庭的な女性を、男子はデキる男をアピール出来る。 また、家庭を受け持つ教師は基本的に大人のお姉さん「お母さ、あっ、先生!」と思わず言ってしまいそうなおばちゃんの二種類しか存在しない。

授業内容編集

裁縫編集

縫い針を使った簡単な裁縫、ミシンを使ったエプロンずたぶくろカバンの作成等。 貧乏な家庭は学校から斡旋される裁縫道具を買えず、家でお母さんが使っているものを持っていくことになりイジメの対象となる。 不真面目な生徒が家に持ち帰りお母さんにやってもらうということがまま見られるがすぐに看破される。

調理実習編集

家庭の授業におけるメインイベント。ここでは体育と同様に、DQN率先して調理に取り組んだりすることもある。但し生徒の自主性に委ねられる授業である為必ずしもそうとは限らない。 ここでは生徒それぞれの家庭の特徴が出てくることが多く、「味噌汁ちくわ入れるだろ普通!」や「カレー肉だろ!?」など他人の食事情を垣間見ることが出来る。 調理実習は運が良ければ好きなあの子の手料理を食べることがる可能性があり、顔が良ければ漫画でよくあるあの「調理実習で作ったんだけど…食べる…?」の手作りクッキーを貰える。しかし漫画ではカットされているが学校の授業であるためみんなでなかよく作られたクッキーであり、クラスに一人はいる不潔な生徒が生地を捏ねているかもしれない。

問題編集

家庭の授業を謳ってはいるが、家庭の事情についてはまったく触れられない。どうすれば毎晩喧嘩している両親を止められるか、自分には優しいが兄弟姉妹には虐待をする母の止め方、将来結婚してから家庭不和にならないための方法等は教えてくれない。実情は家庭を持った際に役立つ授業ではなく、家庭を持たず一人暮らしをすることになった場合役立つ授業となっている。

関連項目編集